2017年09月26日 10時00分 UPDATE
PR

店舗検索にはやっぱりGoogle Mapsが効く理由ホームセンターのカインズが、店舗とEC双方の集客を向上させたサイト改善の手法

多数の店舗や事業所を持つ企業にとって、地図上での情報表示は顧客満足度の点で欠かせない。その使い勝手や見せ方を工夫すれば、さらに大きな事業貢献ができるという。

[ITmedia]

 「近くにあの店はないか」「あの企業にはどう行けばいいのか」――店舗や建物の場所を知るのに、電話問い合わせや紙の地図を真っ先に使う人はもうほとんどいないだろう。スマートフォンやPCで目的地を検索すれば、大抵は地図付きの案内情報が手に入るようになったからだ。しかし「地図が見にくい」「使いにくい」「表示に時間がかかる」と不満の声を聞くことも少なくない。

 多くの企業では自社Webサイトで店舗や事業所の位置を紹介する際、地図サービス(ロケーターマップ)を埋め込んで利用していることだろう。しかし、PCやモバイルデバイスからストレスなく位置情報と関連情報を効率よく閲覧できるWebサイトは実はまだ多くない。ここに着目して、来訪を検討する顧客により高度な地図サービスと効果的な情報を提供できれば、顧客満足度やブランド力の向上、店舗であれば来店者数の増加が期待できるはずだ。

 実際、大手ホームセンターチェーンのカインズでは、地図サービスを活用して実店舗とECサイトの双方で集客数増加に成功している。本稿ではその効果的な地図サービス活用事例を紹介しよう。

提供:株式会社ゴーガ

提供:株式会社ゴーガ
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部