2017年12月08日 10時00分 公開
PR

低コストで、負担を軽減月150円で、1人情シスを悩ますグループウェア管理の負担を解消する方法

企業にとって必要不可欠なツールであるグループウェア。しかし中堅・中小企業では、たった1人の情シスが導入から運用まで担うことも多い。管理の負担を解消するにはどうすればよいだろうか。

[ITmedia]

 企業にとってグループウェアは業務に必要不可欠なITツールだ。最近では、数百人規模の企業でも導入が進んでいる。しかし、中堅・中小企業では、1人の情報システム部門担当者(以下、情シス)がグループウェアの導入から運用を担っており、それらのメンテナンスやトラブルが発生した際の対応が1人情シスに重くのしかかっているケースが多い。

 今回はそんな1人情シスの負担を、クラウドサービスのグループウェアがどう解決できるかを紹介する。

※本稿は、キーマンズネットからの転載記事です。

提供:リスモン・ビジネス・ポータル株式会社

提供:リスモン・ビジネス・ポータル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部