2017年12月15日 10時00分 公開
PR

国内屈指の専門家が語り尽くすネットワーク仮想化が当たり前になっていない理由

サーバ、ストレージに続く仮想化の第3の波である「ネットワーク仮想化」。ネットワークは仮想化するべきなのか? スペシャリストたちが本音で語る。

[ITmedia]

 企業の間では、サーバやストレージの仮想化が当たり前のように行われている。一方で、ネットワークの仮想化はさしたる進展を見せていない。ネットワークが仮想化されれば、構成変更などが柔軟、迅速にできるようになり、デジタルトランスフォーメーションなどの新規のビジネスに関して即座にITインフラを用意することができる。ただ、現状では、ネットワークの構成変更に時間がかかったり、十分な帯域を用意したりすることができず、ビジネスの足かせになるケースもある。

 仮想化の最後との要点ともいえるネットワークは今後どのように考えていけばいいのか。国内でネットワーク仮想化プラットフォームを推進するスペシャリストが語り合った。

提供:ヴイエムウェア株式会社、ソフトバンク コマース&サービス株式会社、ネットワンシステムズ株式会社

提供:ヴイエムウェア株式会社、ソフトバンク コマース&サービス株式会社、ネットワンシステムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部