2017年12月25日 10時00分 公開
PR

情報の活用と管理を両立ハイブリッドクラウド構築の落とし穴、「データ管理」をどうする?

パブリッククラウドとオンプレミスの双方のメリットを活用するハイブリッドクラウドが注目されている。効率的な運用には「データ管理」が重要になるという。その理由とは?

[ITmedia]

 オンプレミスシステムを選ぶか、パブリッククラウドを活用するか。企業のIT担当者にとって、択一的に選ぶことは難しい。というよりは、どちらかを選ぶということ自体がナンセンスになりつつある。

 オンプレミスにもパブリッククラウドにも、それぞれ利点と弱点がある。用途やニーズ、予算、社内規定などの環境に合わせて最適なものを当てはめる「ハイブリッドクラウド」の考え方が、現代の企業ITに適している。

 ただ複数のインフラを使うだけでは、ハイブリッドとはいえない。それらをシームレスに統合管理し、エンドユーザーが意識することなく利用できる“真のハイブリッドクラウド”を実現するためには、特に「データ管理の柔軟性」が重要なキーワードとなる。データがどこにあっても自由に利用できることが、理想への第一歩となるからだ。

 ハイブリッドクラウドのためのデータ管理とは、どのようなものなのか。どのような技術によって、既存の課題を解決できるのか。詳しく解説しよう。

提供:ネットワンシステムズ株式会社

提供:ネットワンシステムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部