2018年01月31日 10時00分 公開
PR

既存のITインフラが足かせになっていませんか?仮想化基盤統合、性能とコストを犠牲にしない選び方

HCIなどの登場で効率化が進む業務システムの運用。しかし、いまだに統合できない環境が残るのが多くの企業が抱える現実だ。だが、これを解消する技術が登場したという。

[ITmedia]

 システム運用が煩雑になる原因の1つは、統合しきれない環境が散在する点にある。これには2つの問題がある。1つは性能の問題、もう1つはビジネスが求めるスピードにシステムの更新がついていけなくなるリスクだ。

 トランザクションが多く、信頼性が問われるようなシステムは、応答速度や確実性が問われるため、仮想基盤のオーバーヘッドが許容しにくい。また、基幹系業務などのシステムでは、可用性を高めるための手段として外部ストレージを利用せざるを得ない場合が多い。これらのシステムは、仮想化基盤に統合しにくいため、単独で運用し続けることになり、情報システムのコスト増大や工数増加の要因となってきた。

 これらの状況への1つの解が、サーバとストレージを統合したハイパーコンバージドインフラ(HCI)だったが、従来はDBサーバのようなワークロードを動かすには性能面で課題があるとされてきた。ところが、本稿で紹介する環境は「三層構造のシステムと同等のパフォーマンスを維持し、かつイニシャルコストの40%を削減した」という実績を既に持っている。

 なぜ、今まで他では出来なかったことが、いとも簡単に実現するのか。その背景には幾つかの新技術の登場がある。以降、本稿ではその秘密を探る。

提供:Dell EMC

提供:Dell EMC
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部