2018年02月06日 10時00分 公開
PR

ポイントは「短期で効果が見えること」サービスレベルの向上は社内から AIの現実的で「実感できる」活用方法とは

ビジネス規模が拡大することは喜ばしい。一方でその拡大に合わせた社内調整になかなか手が回らないことも少なくない。本稿はAIでその問題を解決した事例を紹介する。

[渡邉利和,TechTargetジャパン]

 業務規模が少ない間は従業員同士のコミュニケーションやナレッジの共有は、「あうんの呼吸」でなんとかなるかもしれないが、事業が急速に拡大すると途端に難易度が増す。

 出張、経費精算の分野で業界をけん引するSaaS(Software as a Service)ベンダー、Concur Technologiesの日本法人であるコンカーでは、急速な業務拡大に伴い人材の採用が加速、新しく入社した社員へのナレッジ共有が追い付かないという課題を感じていた。同社は日本語解析に優れた人工知能(AI)を活用した仕組みで解決を試みた。

 AIに関する注目が高まり、ビジネスでの活用がさまざまに模索されている現在ではあるが、どのようなシステムがどのような業務に活用できるのか、具体的な情報はまだまだ少なく、手探りが続いている状況のようだ。

 コンカーの事例は、現在入手可能なAIに関するサービスでどのような成果が期待できるかを具体的に示すものといえる。ナレッジ共有や問い合わせ対応の効率化にAI導入を検討している企業は参考にしてほしい。

提供:エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社

提供:エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部