2018年02月22日 10時00分 公開
PR

内製化によるシャドーIT、スキル属人化問題を解消AWS活用ノウハウを集約した“秘伝のタレ”、リファレンスキットの魅力とは

自社でAWSを活用したくても、知識やスキルがなければ難しい。AWS特有のノウハウや使えるテンプレートを集約した教科書があれば、最小の工数で最新のAWSを使い続けられる。

[ITmedia]

 パブリッククラウドの登場は、企業のITインフラの在り方をがらりと変えた。「Amazon Web Services」(AWS)に代表されるクラウドサービスを利用すれば、オンライン上の手続きだけで望みのスペックのサーバリソースやストレージリソースがほぼ即座に手に入る。オンプレミスとのスピード感の違いは誰の目にも明らかで、ビジネス環境のスピードが速まる昨今、ビジネス部門がどちらの方式を好むかは言うまでもない。

 しかしこの手軽さやスピード感が、企業のITインフラにとって脅威をもたらすケースも少なくない。IT部門のあずかり知らぬところで、ビジネス部門がAWSを使ってシステムを構築してしまう、いわゆる「シャドーIT」の問題が各所で顕在化しつつある。また、AWS活用のノウハウが特定の技術者に集中してしまう「属人化」の問題も深刻だ。一方で、AWSのスキルを持つ人員が社内にいないが故に、そのメリットを十分に引き出せないケースも多いことだろう。

 こうした課題に悩む企業が、AWSを組織として使いこなし、先進的なIT活用に成功している企業に追い付くためには何が必要なのか。最も手軽かつ確実なのは、先行する成功事例で培われたベストプラクティスを自社に取り込むことだろう。確かな実績に裏打ちされたベストプラクティスのガイドラインやテンプレートを基にAWSの構築や運用が可能になれば、先に述べたような課題はほぼ解決するはずだ。最大の問題は、まとまったガイドラインやテンプレートがなかなか見当たらず、また安価に入手できないことだ。

提供:SCSK株式会社

提供:SCSK株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部