2018年03月05日 10時00分 公開
PR

閉領網だからこそ実現できる「無線LAN」でオフィス内IoTに潜むセキュリティリスクを回避する方法

PCだけでなく複合機やサイネージなど、オフィス内にある機器が社内ネットワークに接続されている。利便性を最大化しつつセキュリティも確保する方法がある。

[TechTarget]

 2017年はIoT市場が拡大するとともに、そのリスクが顕在化した年だった。史上最大規模のDDoS攻撃を生んだマルウェア「Mirai」亜種の活動の活発化や、ネットワークカメラが乗っ取られた事件も記憶に新しい。

 インターネットに無線接続するデバイスというと、PCやスマートフォンなどに注目しがちだが、実際には、スマートスピーカーをはじめとするスマート家電、Web連携機能を持つ複合機など、日々ネットワークに無線接続するデバイスは増え続けている。

 一方で、企業の無線LAN環境へのセキュリティ意識は、これまで決して高いものではなかった。キーマンズネットが2016年に実施した調査では、暗号化方式としては脆弱(ぜいじゃく)なWEPを選択する企業が30%前後にも及んだ。この傾向は今なお大きく改善していないとみられている。

 しかし、オフィスで無線LAN環境を活用しないという選択肢はあり得ない。増え続けるオフィス内IoT機器がビジネス環境を大胆に変革していくと予測される中、セキュアな無線LAN環境の整備は、その新たな技術を迅速に取り込んで市場競争を勝ち抜くために不可欠といえる。では、無線LAN環境のセキュリティをどう確保すればよいのだろうか。

提供:株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ

提供:株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部