2018年04月26日 10時00分 公開
PR

ユーザーの生の声を読み解くHCIの期待と現実、実際はどうなのか? ユーザーの不安を読み解いてみた

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)への関心が高まる一方で、「実は難しい」「コストが高い」といった声も少なくない。しかし、この解釈はもはや古いかもしれない。

[ITmedia]

 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、サーバ、ストレージ、ネットワークの3つを、仮想化技術と統合運用管理製品を含めてワンパッケージで提供している点が注目を集め、普及が進んでいる。システム構成がシンプルで、煩雑な運用管理業務を簡略化でき、リソース拡張も迅速に実現できることが大きな魅力だ。

 ただし、いざ情報収集をしようとしても新しいプロダクトであるため、情報入手方法や機器を試す機会も少ない。実際に導入した結果「それほど良くなかった」と耳にするケースもある。製品に大きな期待が集まった反動としては、仕方のない面もある。しかし、HCIが販売されて既に数年たっている。日々進化する技術に対して、現在ユーザーの本音はどうだろうか。本稿ではIT管理者がHCIに抱きがちな印象や誤解を、最新のアンケート調査を基に解き明かす。

提供:株式会社ネットワールド、Dell EMC

提供:株式会社ネットワールド、Dell EMC
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部