2018年05月29日 10時00分 公開
PR

「デキる情シス」への近道営業部門の「脱Excel」を狙え

営業部門の「脱Excel」は売り上げ向上に直結する。Excel日報、Excel顧客管理など営業部門にある無駄を解消する、脱Excelの具体的な進め方を説明していこう。

[ITmedia]

 情シスも、事業貢献できる「攻めの情シス」へと、その役割を変えていくべきといわれて久しい。しかし、自社システムの安定した運用やトラブル対応といった受け身の業務に日々の大半を費やさなければならないのが多くの情シスの実情であり、余力があったとしても「どこに着目して、どんな手を打てば、会社への貢献につながるのか」が見いだせない情シス担当者も少なくないだろう。

 そこで本稿では、攻めの情シスへのステップアップ方法を提示したい。着目すべきは、社内のMicrosoft Excel(以下、Excel)による作業だ。Excel作業には多くの無駄が潜んでいる。「脱Excel」を図り、他のツールへの移行を情シスが主導していけば、会社での情シスを見る目も変わるだろう。

 また、脱Excelというとスタッフ部門の業務効率化を連想しがちだが、事業貢献できる情シスを目指すなら、営業部門の脱Excelに狙いを定めたい。営業部門の業務効率化は売り上げ向上に直結するので、情シスの果たす役割や貢献度を社内に分かりやすく示せるからだ。

 次項では、Excel日報の無駄、Excel顧客管理の限界……、これら営業部門が抱えたExcel作業の課題をあぶり出し、営業部門における脱Excelの具体的な手法を詳しく説明していこう。

提供:株式会社ジャストシステム

提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部