2018年06月01日 10時00分 公開
PR

IT部門を悩ますOS移行後の課題とはWindows 10への移行準備、システム互換性の確認だけでは不十分なワケ

「システムの動作検証も終わり、Windows 10への移行準備は万全だ」――どうやらそれでは今回の移行計画は万全とはいえないようだ。移行の盲点とはどこか。

[ITmedia]

 企業のクライアントPCで広く使われているWindows 7のサポートが2020年1月に終了する。かつてWindows XPのサポート終了期限が迫る中、更新作業に追われた記憶もあってか、Windows 10への移行では、早期に既存システムやアプリケーションの動作検証に取り掛かる企業も少なくない。

 だが、Windows 10に関しては移行時の検証だけでなく、その後のWindows PCのアップデート運用にも大きな変化が生じることをご存じだろうか。

 Windows 10は「WaaS(Windows as a Service)」という新しい更新モデルを採用したことにより、更新サイクルが大きく変わる。この点が移行を進める企業にとって盲点となりがちである。OS移行後に避けられない更新管理の課題を効率的に解決する方法とは?

提供:株式会社ハンモック

提供:株式会社ハンモック
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部