2018年08月10日 09時50分 公開
PR

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー世代で分かれるデバイス活用の傾向――「ベビーブーマー」の場合は?

1946年から1964年ごろに生まれた世代のことを、米国では「ベビーブーマー世代」と呼ぶ。現在、多くの組織で管理職や専門職を担う彼らの生産性と効率性を最大限に引き出すため、どのようなデジタルデバイスが求められているのか。

[ITmedia]

 現在の労働人口の世代分布は主に3つの階層に分かれているという。それがミレニアル世代、ベビーブーマー世代、ジェネレーションX世代だ。このうち、1946年から1964年ごろに生まれたベビーブーマー世代の多くは、現在では管理職、あるいは専門職として、組織に貢献している。

 この世代に顕著なのは、昔ながらの職場環境になじんでおり、電子メールやメッセージングを使ったコミュニケーションよりも、1対1のコミュニケーションを好むという点だ。また、キャリア後半にテクノロジーを使う必要性に迫られた彼らは、ある程度のテクノロジー順応を果たしつつ、従来の働き方を妨げないテクノロジーを求める傾向にあるという。

 本コンテンツは、ベビーブーマー世代の働き方と傾向にフォーカスし、この世代にとって最適なデジタルデバイスの要件について検証、提案するドキュメントだ。膨大な書類を日々処理しながら、組織内外とやりとりするコンサルタント的な業務に従事するケースの多い彼らに最適なデバイスとはどのようなものだろうか。