2018年11月14日 09時50分 公開
PR

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパーモバイルワーカーが求めるコンピューティング、その要件に世代間の差はあるか?

多くの組織では、そこに従事するスタッフに対し、職務内容に応じた多様な働き方を用意している。その中でも機動性を重視するモバイルワーカーだが、こうした層が求めるコンピューティングの要件は、意外なことに世代別に違いがあるという。

[ITmedia]

 多くの組織では、そこに従事するスタッフに対し、職務に応じた働き方が用意されている。この中でも特に機動性を重視するのがモバイルワーカーだ。こうした層に求められるテクノロジー、デジタルデバイスは、単に軽量であればいいというものではない。

 同じモバイルワーカーでも、そこで利用するデバイスに求める要件は、世代ごとに違いがあるという。世界の労働人口は、ミレニアル世代、ジェネレーションX世代、ベビーブーマー世代という3つの世代に分類されるが、これらの世代がそれぞれ積み重ねてきたキャリア、キャリアの中でテクノロジーが台頭してきた時期などが、この違いに影響を与えている。

 本コンテンツでは、モバイルワーカーが求める生産性と効率性を高めるためのコンピューティングの要件を、前述の3つの世代ごとに分析し、その最適解を提案している。従来の働き方を妨げないことを望むベビーブーマー、機動性を追求するジェネレーションX、多様な業務への活用を必要とするミレニアルと、世代ごとに大きく傾向が違うことが理解できるはずだ。