2018年07月25日 10時00分 公開
PR

セキュリティの“バイプレイヤーズ” とは「製品を入れれば解決」がID管理で通じないのはなぜか

当たり前のように使っている「ID」と「パスワード」だが、個人を特定する情報を整合性ある形で設計し、どのように管理・運用するかを改めて問い直すべき時期に来ている。

[ITmedia]

 あなたは業務用のIDとパスワードを幾つ持っているだろうか。PCやディレクトリサービス「Active Directory」、リモートアクセス時のVPN、メール、グループウェア、顧客管理システム用……といった具合に、数え上げれば切りがない状態ではないだろうか。

 この状態は、常に複数のIDを管理し、パスワードを使い分けなければならないユーザーにとって大きな負担であると同時に、企業のガバナンスという意味合いからも問題になっている。何が問題なのか、具体的に見ていこう。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部