2018年07月30日 10時00分 公開
PR

業務改善を考える企業のために煩雑な社内手続きや生産性の低い付帯業務、効率化はどのように実現できるのか?

いまだに非効率かつ安全性に不安がある業務フローを回す企業は多い。ワークフローシステムを導入しても課題が残ることもある。大企業のニーズをかなえるパッケージとは。

[ITmedia]

 現在、官民挙げての働き方改革が叫ばれ、労働時間の削減が進む。にもかかわらず、あちらこちらの企業から社内手続きが煩雑で時間がかかり、本来の業務に支障を来しているという声が聞こえる。

 申請書や企画書、稟議(りんぎ)書を、毎回、所定の書類に手書きで記入しなければならない上、決裁が下りるまでにも数日間を要する。そのために突然のビジネスチャンスに即応できず、競合他社に案件をさらわれるという憂き目に遭う。特に経営層から現場までの風通しが良くない大企業に多い悩みだ。

 社内手続きに足を引っ張られるようでは、現場のモチベーションを維持することも難しい。本稿では、煩雑な社内手続きや生産性の低い付帯業務を効率化するためにワーフクローを見直し、さらなるシステム化を進めるためのヒントをご紹介しよう。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部