2018年08月28日 10時00分 公開
PR

クラウドSFAで実現できる働き方改革、全社の「知」を結集して生産性を向上する

働き方改革のテーマは生産性の向上。商談1件1件を従来の労働力で効率よく受注へ結び付け売り上げという生産量を増やすには、全社総力戦の体制をITの力で構築したい。

[ITmedia]

 長時間労働の抑制から始まった「働き方改革」は、今や生産性の向上をテーマとする第二章に突入したといわれている。1件1件の商談を、これまでと変わらない労働力で効率よく受注へ結び付け、売り上げという生産量を増やす。これは、情シスにとっても、決して人ごとではない。なぜなら、自身が精通するITの力を活用して、自社の生産性を向上する仕組みを作ることも十分に可能だからだ。

 1つ施策を挙げるとすれば、全社総力戦の体制を情シスの手で構築することだ。社内には、営業、技術、企画、マーケティング、事務などさまざまな部門に、商談に有効な「知」がある。それらを結集する仕組みを作り、1件の商談に挑むことができれば、それは間違いなく、生産性の向上につながるであろう。

 このような全社総力戦体制は、あるクラウドSFA(営業支援システム)をプラットフォームとして活用することで、スムーズに構築することができる。働き方改革が声高に叫ばれる今、社員へ新しい働き方も提供するという、そのクラウドSFAとは。次項で解説する。

提供:株式会社ジャストシステム

提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部