2018年09月06日 10時00分 公開
PR

効率的なWindows 10運用マスター作成、巨大なファイル配信――Win10の課題をまとめてクリアする秘策

Windows 10運用に関する課題をワンストップで解決する方法がある。そこにはPC管理全体の工数やコストを削減するヒントが盛り込まれている。鍵は「所有」をやめることだ。

[ITmedia]

 Windows 7の延長サポート終了が2020年1月に迫り、Windows 10を導入する流れが本格化している。しかし、半年に1度のペースで対応が必要な大型アップデート「Feature Update」を目の前に戦々恐々とする企業は多い。

 半年という短いサイクルの中で、効率的にアップデータを配信するにはどうしたらよいのか、更新の度に大量のマスターイメージを誰が再作成するのか、大型アップデートに伴うネットワーク負荷の問題にどう対処するのか――悩みは尽きない。セキュリティの観点からも常に最新のOSを利用することが望ましいのは事実だが、これらの課題を解決しなければ、情報システム部門の工数は激増するだろう。

 個別の解決策は各社から提供されるが、コストや導入工数を考えれば一気通貫で解決することが望ましい。本稿では、Windows 10移行をきっかけとしてPC管理全体の運用工数の削減およびコストの30%カットを実現する方法を紹介する。

提供:横河レンタ・リース株式会社

提供:横河レンタ・リース株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部