2018年09月28日 10時00分 公開
PR

将来まで活用できるIT投資とは高速化するストレージとネットワーク 今注目すべき最新技術とは

以前と比べて飛躍的に増加したデータをさばくためには既存の仕組みでは限界がある。最新技術によって高速でシンプルに、データ処理を実施する仕組みを紹介する。

[ITmedia]

 データ量の爆発的な増大傾向が継続する一方、大量に得られたデータを迅速に解析し、業務に役立てようといった企業側の取り組みは拡大している。だがプロセッサ単体の処理性能は以前のような加速的な進化は期待できないことから、膨大なデータを効率良く解析するための新たなアーキテクチャの導入が急務となりつつある。

 現在目覚ましい技術革新が起こっているのは、大量データを効率的にさばくためのストレージとネットワークの分野である。IT製品のリセラー各社は、この分野での最新の技術トレンドを踏まえて製品導入を進めることで、ユーザー企業が求める迅速なデータ処理を実現できるITインフラの構築が可能だ。

 “データセントリック”時代に必要とされるITインフラの姿はどのようなものなのか、最新のトレンドを的確につかみ、最適なシステム構成を実現できることが求められていることは間違いない。本稿ではイーサネットの高速化に焦点を当て、解説しよう。

提供:東京エレクトロン デバイス株式会社、メラノックス テクノロジーズ ジャパン株式会社

提供:東京エレクトロン デバイス株式会社、メラノックス テクノロジーズ ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部