2018年10月04日 10時00分 公開
PR

文科省が求める"難題"に教育機関はどう応えるべきか予算も手間もかけられない――教育機関が頭を抱えるバックアップ問題とは

文科省のガイドラインには、定期的なバックアップと元の状態に正常に戻すための手順が盛り込まれている。生徒の情報を守り、"確実に"元の状態に戻すにはどうすればいいか。

[ITmedia]

 教育機関にとって、児童や生徒の個人情報や学習記録は消失したり、漏えいしたりしてはならない重要なデータだ。これらを定期的にバックアップし、万が一に際して迅速かつ忠実にデータを元の状態に復旧できる体制を構築したい。

 だが、文科省の要求の全てをカバーするとなると相応のスペックを備えたバックアップとリカバリーシステムが必要だ。人員も予算も限られる教育機関を悩ませる課題をシンプルかつ安価に解決する方法を紹介する。

提供:arcserve Japan合同会社

提供:arcserve Japan合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部