TechTargetジャパン

事例
設計者がいま押さえておくべき「競争力のある製品開発事例」10選
 競争力のある製品開発をしている企業はすべて、最新の動向、開発、ユーザーの需要を予測しようと、独自の分析に取り組んでいる。本資料では、最も成功している国内外のオートデスクのユーザー事例を紹介する。 どの企業も先見の明を持って未来の課題に精力的に取り組ん...(2016/7/27 提供:オートデスク株式会社)

レポート
技術者と組織の両方を育てる「いいキャリア」の積み重ねとは
 技術者を目指す人、そして、既に技術者として活躍していてさらに新しい世界を目指している人にとって、技術に関連した知識の収集と実務から得る経験の蓄積は自分の実力を上げるために重要だ。現在のIT関連技術は分野が細分化し、それぞれに専門性を高めているだけに、こ...(2016/7/27 提供:株式会社リクルートキャリア)

事例
ロボットベンチャー「スケルトニクス」の挑戦
 外骨格ロボット「スケルトニクス」をご存じだろうか。搭乗した人の動きを大きく拡張させながら動く姿は圧巻だ。 スケルトニクスを作ったのは、沖縄県辺野古にある「沖縄工業高等専門学校」(沖縄高専)を卒業した白久レイエス樹氏ら3人。「製造業不毛の地」といわれる...(2016/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
エンジニアで年収4桁ってどうやったらなれるの? 稼いでいる人に聞いてきた
 インタビュー1人目は、レッドハットにGoogle、楽天といった名だたるIT系の会社を渡り歩いて来られた、グルメアプリ「Retty」を運営するRettyのCTO・樽石将人さん。 「基本的にはエンジニアは技術力が大事ですよ。特に営業の人が『売りたくてしょうがない』と泣いて喜ぶ...(2016/9/1 提供:株式会社リクルートキャリア)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2016年3月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年3月号をご紹介。 特集記事では、「Mo...(2016/7/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
自動車業界は「5G」をどう捉えているのか?
 現在、通信業界では「5G(第5世代移動通信)」の実現に向けて、あらゆる人々とモノ(自動車を含め)をつなげるため、精力的な活動を展開している。 5G規格について、通信業界は「ミッションクリティカルな用途向けに、2ミリ秒を下回る遅延(レイテンシ)を実現できる」...(2016/9/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
組み込みモジュール「COM Express」、最新の「タイプ7」とは?
 ADLINK CTOのジェフ・マンシュ (Jeff Munch) をリーダーとするPICMG COM Expressサブコミッティが策定した最新のCOM Express仕様が間もなくリリースされる。 最大4つの10GbE-KRインタフェースに対応したCOM Expressタイプ7にピンアウトは、将来の大きな発展の1つで、Io...(2016/5/9 提供:ADLINKジャパン株式会社)

レポート
繰り返し可能な業務は必ず存在する、クラウドの成功は長期視点で最適化から
 ITソリューションプロバイダーが避けては通れないクラウドへの移行。先行コストが売上高を減少させてしまう点は課題となりやすい。しかしIDCの調査によれば、クラウド事業を継続している時間に比例して、粗利益や収益の伸びは大幅に改善されていくことが多いという。 ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
2つのキーワードが事業を変える 成功企業のインタビューが示した道筋
 クラウドサービスで成功している企業へのインタービューで明らかになったことの1つが「テクノロジーや事業の特化」だとIDCは報告している。その分野は製造業や銀行業などの業種、会計や人事、マーケティング業務、あるいはシステム管理やERPなど多岐にわたり、特化を進...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

プレミアムコンテンツ
ロボット開発に学ぶ、モノづくりへのOSS活用
  オープンソースソフトウェア(OSS)の活用は、ITやWebの領域のみならず、ロボットなどハードウェアの開発においても重要なトピックといえます。ロボット開発でメジャーなフレームワーク「ROS」(Robot Operating System)はOSSですし、日本においても「HACKberry」や...(2016/12/1 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「5G」実現の“カギ”は結局のところコスト次第
 スペイン バルセロナで開催された「Mobile World Congress2016(MWC 2016)」の基調講演のパネルディスカッションでは、大手通信事業者/メーカーから集まったパネリストたち登壇し、「5G(第5世代移動通信)」が消費者にもたらす価値について議論が繰り広げられた。 ...(2016/9/9 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
Predixの事例に学ぶ、日本企業のためのオープンイノベーション入門
 日本ではバズワードとして次々と消費され忘れ去られていった概念が世界ではきちんと積み上げられ、新しい競争モデル作りに活用されている。今回取り扱うのは、これらのうち「ビジネスエコシステム」「オープンイノベーション」など多くの人にとって聞き覚えのある概念だ...(2016/12/26 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
生涯顧客の育成という視点、クラウドの成功は長期的な二人三脚の関係
 クラウドサービスはもはやスタンダードである。企業の80%がクラウドを導入し、「関心がない」という回答は8%にとどまった、というIDCの調査報告がこれを裏付けている。目新しさの時期は過ぎ、高い価値を実際に生み出すタイミングに来ている。 ITソリューションプロバ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
顧客の過半数は「営業と話す前に購入判断済み」 変化を迫られる販売戦略
 B2Bのソリューションや製品を導入する際は「営業担当者に連絡する前に調査を行い、購入を決めている」場合が65%を占めていた。つまり、ITソリューションプロバイダーと顧客が接触したときには、すでに購入判断が済んでいるケースが多いとIDCが報告している。 顧客にリ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
クラウドメインで成長率2倍 “第3のプラットフォーム”が握るチャンス
 世界的なパブリックITクラウドサービス(SaaS、PaaS、IaaSなど)の収益は、2019年までに1412億ドルへ達するとIDCは予測している。これはIT支出全体の増加率に対して6倍近い。大多数のCIOがクラウドファースト戦略に進み、その市場は2020年までに5000億ドル規模に広がる...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月21日号:知らないと損をするライセンス監査の罠
 Computer Weekly日本語版 12月21日号は、以下の記事で構成されています。■「Project Olympus」でオープンソースハードウェアの新開発モデル目指すMicrosoft■AWSがデータセンターのセキュリティ体制を公開「データの安全性はオンプレミス以上」■Googleクラウドに移行...(2016/12/21 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
「センサー」「仮想化」「フォグ」の視点からIoTを再考する
 モノのインターネット(Internet of Things:IoT)が必須事項の1つとしてその地位を確立するにつれ、その基本概念に注目するシステム・アーキテクトが増加しています。そのなかで専門家は、IoTの「構造」に対して厳しい視線を送っています。IoTを「全てがインターネット...(2016/12/9 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿
 パブリッククラウドの利用が一般的になり、今やクラウドの使い勝手を自社インフラのも期待するようになってきた。例えば迅速なサービス立ち上げ、柔軟な拡張性、低コストで高パフォーマンス、ユーザーセルフサービスで利用できることなどだ。 一方、インフラを運用する...(2016/12/6 提供:ネットアップ株式会社)

プレミアムコンテンツ
あのロボットが私の開発費を食っている!
 自動車が自動運転車へ進化するよう、ヒューマンインタフェースが「動作」から「目標」にシフトしてデバイスが自律性を得ようとしている中、システム制御の主体は徐々に人間のオペレーターからシステムに移っています。そしてその流れの中でロボット工学の概念とそれに伴...(2016/11/14 提供:アイティメディア株式会社)

事例
「ものづくりの未来」を設計する企業たち〜Autodesk 9つのユーザー事例〜
  製造業は、生産性向上や技術革新、プロセス革新等の分野を常に追求することによって、競合優位性を維持してきた。しかし、近年はこのような従来の成功要因が急激に変化している。そこには、これまでにない「破壊的な」変化が起きているとオートデスクでは考えている。(2016/11/24 提供:オートデスク株式会社)

事例
データ収集処理を最大10倍にしたアタラのデータセンター刷新術
 変化の激しいビジネス環境の中では、より精度の高い情報をより迅速に得ることが求められ、データを収集・分析するシステムの重要性が高まっている。分析対象となるデータによっては、その量が増大し続ける場合も多く、処理に要する時間を長引かせないようにするためには...(2016/11/10 提供:さくらインターネット株式会社)

事例
重量級の半導体開発ツールもさくさく動くクラウドサービスとは
 製造業における設計データはビジネス上の機密情報であり、データ量も非常に大きいため、それを扱うシステム基盤には高度なセキュリティや十分なパフォーマンスが必要となる。また国際的な競争力のためにはコストを抑えることも求められ、データガバナンスの観点からはデ...(2016/11/10 提供:さくらインターネット株式会社)

技術文書
クラウド導入で陥る“3つのミス” 成功と失敗の分かれ目は?
 あなたはご自身のことをクラウドコンピューティングの専門家だと考えているかもしれない。だが、数年前の状況を考えてみてほしい。クラウドについてほとんど知らなかった事実に驚くのではないだろうか。もちろん、ミスを恐れずに取り組まなければ、何も学ぶことはできな...(2016/11/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
予算内でストレージを最大限に活用する方法
企業ITの中で重要度が高まり続けるストレージ環境。本製品導入ガイドは、ストレージの投資対効果を最大化するヒントとなる3つの記事で構成されている。まずは、米Forresterのアナリストによるストレージの各種トレンド解説と、テーマごとのアドバイス。これで、ストレージ...(2016/11/7 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
2年後にクラウドの主役は交代? Oracleユーザーへの調査で分かったDBの新潮流
 近年はクラウドコンピューティングがデータベース(DB)の領域まで広がり、情報提供の方法にも変化が訪れ始めている。その大きな流れの1つが、複数のサイロ化されたデータストアへのアクセスの共有を実現する「Database as a Service」(DBaaS)だ。 IT調査会社のUnisp...(2016/11/22 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
NoSQLデータベース製品導入戦略ガイド
 世の中には大量のデータが存在する。だがその多くは、複雑なクエリ言語を伴う重量級のリレーショナルデータベースに保存する必要はない。本稿ではNoSQLデータストアという新しいカテゴリーと、それがどう使われているかについて解説する。 本PDFは以下の3つの記事で構...(2016/11/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
フラッシュストレージとSoftware Defined Storageの明日
消費者向けデジタル機器では当たり前となったフラッシュメモリが、企業コンピューティングにおける新たな記憶媒体として注目されている。現在はデータベースなど特定用途向けの利用が目立つが、今後どのように普及していくのだろうか。一方で、「Software Defined Storage...(2016/11/7 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「ゲームをやらないから必要ない」という人こそチェックしたい「GPU仮想化」
 GPU(Graphics Processor Unit)は、ビジネスユーザーには依然としてなじみの薄い半導体のようだ。3Dゲームを快適に動かすためにグラフィック描画演算「だけ」に特化したプロセッサと考えている企業ユーザーも多いだろう。 しかし、GPUの役割は大きく変わろうとしてい...(2016/10/27 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
Apple、Disney、注目の大手企業があえてGoogleクラウドを選ぶ理由
 現在パブリッククラウド市場をけん引するのは「Amazon Web Services」(AWS)に違いないが、将来にわたってその地位を維持できるのかどうかについては疑問視する声もある。「Microsoft Azure」(Azure)の急成長やGoogleの積極的な活動は、AWSの地位を脅かしつつある。(2016/9/14 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Windows Server 2003サポート終了に備えろ! 最新サーバ移行ハンドブック
 2015年7月のWindows Server 2003のサポート終了まで1年を切った。サポートされない古いサーバを使い続けるとセキュリティ、障害、コストや拡張性などのリスクに直面することになる。リモートアクセスやサーバ仮想化など多くの機能を標準搭載した最新のWindows Server 20...(2014/9/10 提供:株式会社大塚商会)

Loading