TechTargetジャパン

事例
設計者がいま押さえておくべき「競争力のある製品開発事例」10選
 競争力のある製品開発をしている企業はすべて、最新の動向、開発、ユーザーの需要を予測しようと、独自の分析に取り組んでいる。本資料では、最も成功している国内外のオートデスクのユーザー事例を紹介する。 どの企業も先見の明を持って未来の課題に精力的に取り組ん...(2016/7/27 提供:オートデスク株式会社)

レポート
技術者と組織の両方を育てる「いいキャリア」の積み重ねとは
 技術者を目指す人、そして、既に技術者として活躍していてさらに新しい世界を目指している人にとって、技術に関連した知識の収集と実務から得る経験の蓄積は自分の実力を上げるために重要だ。現在のIT関連技術は分野が細分化し、それぞれに専門性を高めているだけに、こ...(2016/9/16 提供:株式会社リクルートキャリア)

事例
ロボットベンチャー「スケルトニクス」の挑戦
 外骨格ロボット「スケルトニクス」をご存じだろうか。搭乗した人の動きを大きく拡張させながら動く姿は圧巻だ。 スケルトニクスを作ったのは、沖縄県辺野古にある「沖縄工業高等専門学校」(沖縄高専)を卒業した白久レイエス樹氏ら3人。「製造業不毛の地」といわれる...(2016/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
エンジニアで年収4桁ってどうやったらなれるの? 稼いでいる人に聞いてきた
 インタビュー1人目は、レッドハットにGoogle、楽天といった名だたるIT系の会社を渡り歩いて来られた、グルメアプリ「Retty」を運営するRettyのCTO・樽石将人さん。 「基本的にはエンジニアは技術力が大事ですよ。特に営業の人が『売りたくてしょうがない』と泣いて喜ぶ...(2016/9/1 提供:株式会社リクルートキャリア)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2016年3月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年3月号をご紹介。 特集記事では、「Mo...(2016/7/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
自動車業界は「5G」をどう捉えているのか?
 現在、通信業界では「5G(第5世代移動通信)」の実現に向けて、あらゆる人々とモノ(自動車を含め)をつなげるため、精力的な活動を展開している。 5G規格について、通信業界は「ミッションクリティカルな用途向けに、2ミリ秒を下回る遅延(レイテンシ)を実現できる」...(2016/9/7 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
国内におけるマーケティングを取り巻く組織の問題
 グローバル企業では、CMO(Chief Marketing Officer:最高マーケティング責任者)を置く企業が一般的です。 日本企業においては役割や責任範囲が明確になっていないため、組織を横ぐしに横断した兼任責任者になる場合が多いです。 このホワイトペーパーでは、CMOの役...(2016/6/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
組み込みモジュール「COM Express」、最新の「タイプ7」とは?
 ADLINK CTOのジェフ・マンシュ (Jeff Munch) をリーダーとするPICMG COM Expressサブコミッティが策定した最新のCOM Express仕様が間もなくリリースされる。 最大4つの10GbE-KRインタフェースに対応したCOM Expressタイプ7にピンアウトは、将来の大きな発展の1つで、Io...(2016/5/9 提供:ADLINKジャパン株式会社)

技術文書
「5G」実現の“カギ”は結局のところコスト次第
 スペイン バルセロナで開催された「Mobile World Congress2016(MWC 2016)」の基調講演のパネルディスカッションでは、大手通信事業者/メーカーから集まったパネリストたち登壇し、「5G(第5世代移動通信)」が消費者にもたらす価値について議論が繰り広げられた。 ...(2016/9/9 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
Apple、Disney、注目の大手企業があえてGoogleクラウドを選ぶ理由
 現在パブリッククラウド市場をけん引するのは「Amazon Web Services」(AWS)に違いないが、将来にわたってその地位を維持できるのかどうかについては疑問視する声もある。「Microsoft Azure」(Azure)の急成長やGoogleの積極的な活動は、AWSの地位を脅かしつつある。(2016/9/14 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Windows Server 2003サポート終了に備えろ! 最新サーバ移行ハンドブック
 2015年7月のWindows Server 2003のサポート終了まで1年を切った。サポートされない古いサーバを使い続けるとセキュリティ、障害、コストや拡張性などのリスクに直面することになる。リモートアクセスやサーバ仮想化など多くの機能を標準搭載した最新のWindows Server 20...(2014/9/10 提供:株式会社大塚商会)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月20日号:本気を出したGoogleはAWSに勝てるのか?
 Computer Weekly日本語版 9月20日号は、以下の記事で構成されています。■AWS対Microsoft対Google──決算報告書に隠されたクラウド戦争の優劣■Windows Mobileを切り捨てたMicrosoftはどこに向かっているのか?■列指向ストレージエンジン「Apache Kudu」とは何か■Go...(2016/9/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月7日号:Microsoft対米国政府──判決は?
 Computer Weekly日本語版 9月7日号は、以下の記事で構成されています。■ブロックチェーンの敗者にならないためにCIOがやるべきこと■多くの企業が気付いていないコンシューマーテクノロジー活用の効用■銀行のレガシーシステムを一掃する「Vault OS」、開発者はGoogle...(2016/9/7 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
5年間でTCOを62%削減、プライベートクラウドに関する意外な調査結果とは?
 テクノロジーの進化に伴いITインフラの選択肢は増えており、ハードウェアの購入、所有から、パブリッククラウドサービス利用による運用移行を検討する企業も増えている。一方で、パブリッククラウドの中には、長期的にはコスト増を招く恐れもあり、ピーク時のサービス品...(2015/11/18 提供:デル株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月3日号:iPad vs. Windows 8.1 勝者は?
 Computer Weekly日本語版 12月3日号は、以下の記事で構成されています。■GoogleのFIDO U2Fセキュリティキー対応で認証技術はどう変わる? GoogleはFIDO AllianceのU2F標準のサポートを発表。ChromeとU2F対応USBキーがあればユーザー認証が簡単かつセキュアになる。こ...(2014/12/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
SATA SSD 8台相当のIOPSは本当か? x86サーバでNVMe対応SSDの実力を徹底検証
 従来のストレージ製品よりも高い転送速度と低いレイテンシを実現するNVMe対応SSD。サーバ製品の選定で重視される技術の1つだが、実際に導入するためには、パフォーマンスだけでなく信頼性や保守性を含めた十分な検証が求められる。 そこで、XeonプロセッサのE5-2600 v4...(2016/9/12 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

比較資料
1社で2000年当時のインターネット全体に匹敵する規模に成長したクラウド“ビッグ4”は、複雑さをどう手なづけるのか?
 成長を続けるクラウド“ビッグ4”は、それぞれが単独で2000年代初頭のインターネット全体に匹敵する規模に達している。膨れ上がる「複雑さ」をより低コストに取り扱うためには「人工知能」(AI)が欠かせない。CPS利用と組み合わせ複雑さを増すクラウドはこれからますま...(2016/8/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
従業員セルフサービス製品導入戦略ガイド
 いつでもどこからでも、さまざまな端末を使って会社のITにアクセスしたがるユーザーから、効率向上のための統合を望む組織まで、進むべき道はクラウドベースサービスにある。コンシューマーにとっても従業員にとっても、それはセルフサービスモデルへの切り替えを意味す...(2016/6/1 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
“憎まれIT責任者”が「私物スマホ禁止」をやめて得たもの
 従業員が所有する端末の業務利用を許可する「BYOD」を採用する動きは広がりつつあるものの、私物端末内のデータをどう管理するか、サポート体制をどう構築するかなど課題は多く、「禁止」のスタンスを維持する企業も少なくない。企業の許可無く従業員が個人的に私物端末...(2015/1/29 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
経営幹部に一問一答:データセンターは企業戦略にどう生かされている?
 このコンテンツでは、以下著名企業の経営幹部に一問一答形式で進化を続けるデータセンターの企業における役割について、その考えを聞いた。BOX 最高執行責任者(COO) Dan Levin氏クアルコム 最高情報責任者(CIO) Norm Fjeldheim氏サービスナウ 最高技術責任者(CT...(2014/3/27 提供:エクイニクス・ジャパン株式会社)

製品資料
モバイル広告に通信キャリアのデータを活用、来店率が大幅に向上する理由とは?
 Web上の検索・閲覧履歴からユーザーの興味関心や属性を類推し、ターゲットを絞った広告配信を行う手法が広く利用されるようになった。しかし、Web上の行動は日常生活のごく一部にすぎず、そのターゲティング精度は決して高いとはいえない。 そこで、通信キャリアから得...(2016/8/29 提供:Cinarra Systems Japan株式会社)

講演資料
多様化・巧妙化するセキュリティ脅威に翻弄される担当者にお贈りする――「特権ID」入門
 標的型攻撃や内部不正による情報漏えい。企業のセキュリティ担当者は多様化・巧妙化するセキュリティ脅威を前に、何から対策をすればいいのか――。ここで注目したいのが、社内システムに幅広いアクセス権限を持つ「特権ID」だ。その特権IDを使えば、社内のさまざまなデ...(2016/8/4 提供:エンカレッジ・テクノロジ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
セキュリティリスクを増大させる内部要因、各チームの分断状況はどう解消する?
 Forbes Insightsが2015年秋に北米と欧州の304人の経営幹部に対して実施した調査によると、60%の回答者が「運用チームとセキュリティチームは互いの要件について大まかにしか理解していないか、ほとんど理解していない」と答えている。 IT運用チームとセキュリティチー...(2016/7/19 提供:BMCソフトウェア株式会社)

レポート
クラウドに移行して良かった企業/後悔した企業
 クラウドサービスを利用して、社内のサーバや配線をお払い箱にするというアイデアは、企業のIT部門にとってますます魅力的な選択肢となっている。アプリケーションのクラウド移行は、今後のあるべき姿なのである。 ただし、セキュリティや全体的なコストについては、い...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

技術文書
CIOリーダーシップのための戦略導入ガイド
 最高情報責任者(CIO)は、事業の変革を主導し、実現する存在と見なされる必要がある。 本稿では、“顧客の時代”においてITリーダーがビジネステクノロジーとITの課題の両方に重点を置く必要性、ブログとソーシャルメディアを活用して組織内での存在感や影響力を高め...(2016/6/29 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
「次なる40億人」が決めるクラウドベンダーの勝者と敗者
 クラウドコンピューティングを語るには、成長と変容を続けるインターネットの現在を見わたすことが不可欠だ。飽和する既存ビジネスの外側で急速に育つ新サービスが、既存ビジネスの生存域を狭めていく様を直視する必要がある。 クラウドがインターネットの成長を乗っ取...(2016/6/28 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月22日号:ネットワーク市場を激変させるNFV
 Computer Weekly日本語版 6月22日号は、以下の記事で構成されています。■Microsoftが打ち出した「新SharePoint戦略」は時代遅れ■コンシューマーはFacebook銀行&Google銀行を望んでいる?■「オールIPv6は危険!?」──こんなにあるIPv6のセキュリティリスク■「こん...(2016/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
IT予算はどこへ消えた――業務部門によるIT支出が増えている?
 米TechTargetが実施した調査では「IT部門の予算と人員数は増加または横ばい」という回答が多かったが、ある調査では、全社のIT予算のうち、IT部門が管理しているのは32%にすぎないという結果を報告している。 IT部門以外の部門によるIT予算の執行は何を意味するのだろ...(2016/6/9 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
売り込み型ではなく、顧客に見つけてもらう方法を仕掛ける(潜在顧客編)
 日本ではブランドの認知や理解促進のため、広告やメディアを中心としたブランドメッセージの発信(=プッシュ型のマスマーケティング)が主流でした。 しかし、インターネットの普及により質の高い情報を簡単に得られるようになった現在、顧客は賢くなってきています。(2016/6/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading