TechTargetジャパン

事例
ヤフーの「爆速経営」に追随できるVDI環境構築を可能にしたHCI導入成功の秘策
 「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーにとって必須業務であるWebサイトの登録審査と登録済みサイトのパトロールでは、マルウェア感染のリスクが非常に高い。実際、この業務に用いるPCのマルウェア感染率は一般業務のPCと比べても高いという。 同社は、この問題を解決する...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
大規模認証システム構築事例:1週間で150万ユーザーの増加を支えた技術とは?
 英国の大手小売業者であるMarks & Spencerは、2015年の歳末商戦に際してゲーム形式のキャンペーンサイトを立ち上げた。アクセスすれば1日ごとにプレゼントを獲得できるチャンスがあり、さらに友人とプレゼントを贈り合うことで獲得チャンスが広がる。この仕組みで、ユ...(2017/4/25 提供:Auth0,Inc.)

Webキャスト
電力キャパシティー/密度で分かる、データセンター建設コストの効率性
 IT調査会社のIDC Japanが456のデータセンター(DC)を対象に行った調査によると、DCの23%が過去12カ月に障害を経験し、そのうち45%が人的・物的・ビジネス的な損失につながったという。顧客との接点としても重要なDCの障害、特にファシリティーの障害は直接的にビジネ...(2017/4/18 提供:インテル株式会社)

製品資料
徹底解説:今どきのストレージ選定、これまでと何が変わった?
 テクノロジーがビジネスを変え、今や“データ”は通貨や金に匹敵する経済価値を持つ存在になった。その結果、ITインフラを用いたデータ活用で中心的役割を担うストレージの重要度が高まり、データを管理するだけでなく、ビジネス上の成果に直結するシステムの性能を左右...(2017/4/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
DDoS緩和サービスの見極め術――本当に大規模かつ最新の攻撃を阻止できるのは?
 分散型サービス妨害(DDoS)攻撃の規模は現在も拡大を続け、簡単に攻撃が可能なサービスの出現などの影響で、被害を受ける企業や組織の範囲も拡大している。それを受け、DDoS緩和サービス市場に次々にベンダー(緩和サービスプロバイダー)が参入し提供を始めている。し...(2017/2/8 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

製品資料
データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ その理由と製品選定のポイント
 テクノロジーがビジネスを変え、今や“データ”は通貨や金に匹敵する経済価値を持つ存在にもなった。その結果、ITインフラを用いたデータ活用で中心的役割を担うストレージの重要度が高まっている。今日のストレージは、データを管理するだけでなく、ビジネス上の成果に...(2017/2/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

比較資料
比較調査で見極める、大規模なワークロード環境に適したストレージ製品
 次世代データセンターに求められる要件は多い。拡張性や入出力性能はもちろん、運用性やデータ保護など、検討項目は細分化され、どのようなソリューションを採用すればよいのか悩ましい。 具体的な検討をしやすくするため、「即応性」「スケーラビリティ」「保証」「オ...(2016/12/15 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
基礎解説:Hadoop/Spark環境の効果を最大化するプラットフォームの条件
 オープンソースの分散コンピューティングミドルウェア「Hadoop」は、スケーラビリティや耐障害性などに優れていることで、データ分析基盤のデファクトスタンダードになっている。しかし、レイテンシの高さや、繰り返し処理などで時間がかかることが課題になってきた。 ...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
チューニング不要? “特別な何かをせずとも”データベースは速くできるか
 データベース(RDBMS)で何よりも重視されるのはパフォーマンスだ。そのためのチューニングや劣化対策は昔から大きな課題となっている。多くの場合、マニュアル通りではない複雑なノウハウやスキルが必要となるが、そうした腕前を持つエンジニアは少ない。 またRDBMSは...(2016/11/25 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
徹底比較で分かった「クラウドデータベース」の“本流”、失敗しないための選び方ガイド
 データベースをクラウドに展開する場合、開発者やアプリケーション設計者には多様な選択肢があり、最良のものを選ぶのはなかなか難しい。独自のデータベースサーバをIaaSに展開すべきか、それともPaaSに切り替えるべきか。DBaaS(Database as a Service、サービスとして...(2016/11/25 提供:KDDI株式会社)

レポート
徹底検証:データセンター向けサービスゲートウェイの「稼働中の拡張能力」は?
 データセンターにおける統合型のセキュリティ基盤として導入が進むサービスゲートウェイ。その最大の特徴は、サービスの稼働中にもさまざまな拡張を行えることにある。それでは、その効果は実際にどれほどのものなのだろうか。 本コンテンツでは、データセンター向けサ...(2016/11/18 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
「アプリを仮想化運用するとパフォーマンスは劣化する」は本当か?
 仮想化基盤を採用している企業でも、Microsoft Exchange Server、SAP、Oracle Databaseといったビジネスクリティカルアプリケーション(BCA)は仮想化されていないケースが少なくない。仮想化に対する不安が、BCAの責任者に根強くあるのがその要因だ。 仮想化に対する...(2016/10/18 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
適正な仮想環境のリソース使用率を理解する
 仮想化基盤の導入は大幅なコスト削減や俊敏性向上など、数々のメリットをもたらす。その仮想化の価値を最大限に引き出すには、基盤そのものに加え、それを効率的に管理するソリューションも求められる。 ITインフラの仮想化を実現している企業では、仮想化基盤特有の課...(2016/10/18 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
目指すは“億単位”のユーザー、任天堂のモバイルアプリ展開を支えるCDNは?
 任天堂は、近年、従来のゲーム機に加えて、スマートデバイス対応アプリケーションの開発にも力を入れている。2016年3月には「My Nintendo」という新サービスを開始し、同社のスマートデバイス向けアプリの第1弾となる「Miitomo(ミートモ)」もリリースした。 これまで...(2016/10/3 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

製品資料
スケーラブルで省電力なVDI、「3つの視点」でROI・生産性・モビリティを最大化
 VDI(仮想デスクトップインフラ)環境の導入では、ROIの向上、生産性とモビリティの最大化が常に重要な検討事項となる。その具体的な目安となるのが、例えば、ユーザーの予算当たりのIOPSや、ユーザーエクスペリエンスだ。 サーバ1台当たりのVDIデスクトップ数はI/Oパ...(2016/8/17 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

レポート
「オンプレミスからクラウド」を賢く実践、知らないと損するノウハウとは
 企業がクラウド利用を検討する理由の多くは、クラウドが迅速にリソースを展開でき、スケーラビリティを提供し、かつコストメリットを有しているからだ。そして、多くの企業が、クラウドを検討する際には、まず、「Amazon Web Services」(AWS)を真っ先に候補に入れるだ...(2016/3/3 提供:アマゾンウェブサービスジャパン株式会社)

製品資料
“商用版”OpenStackを利用するメリット、企業導入ではそうすべき理由
 「OpenStack」はオープンソースプロジェクトのコミュニティーで自由にコードをダウンロードし、無料で利用が可能だ。しかしコミュニティー版のOpenStackを自社でインストールして保守を継続していくには、数々の技術に精通したエンジニアを確保する必要がある。つまり...(2015/11/30 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
本格導入が進むOpenStack、企業インフラ変革の最適解を得るには
 OpenStackの導入目的を「既存の仮想化統合基盤の代替品」あるいは「これまでと同じことをより便利に行うツール」と認識するケースは、もはや少数派だ。そうした限定的なメリットを追うのではなく、スケーラビリティを実現する疎結合アーキテクチャや、さまざまな機能単...(2015/11/30 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
リスク管理が心配なCIOは58%、必要なのはリスク評価指標「KRI」による真の脆弱性評価
 企業ITは多くのビジネス領域と相互に関連し合い、ITリスクがビジネスに与える影響はますます増大している。一方、多くの組織ではITリスクの管理体制が十分整備されていないという課題もあり、リスク管理やコンプライアンスに懸念を示すCIOは、実に58%に上るという調査...(2015/11/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
8%の企業しか全容を把握していない企業のシャドーIT、解決のヒントは何か?
 従来、企業ネットワークはクライアント/サーバ型の分散コンピューティングに対して設計されており、クラウドサービスに対して、速さ、スケーラビリティ、対障害性のいずれにも対応できてはいない。サーバ仮想化により瞬時にサーバリソースが増強されても、ネットワーク...(2015/9/18 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

レポート
1ドルの投資で3.57ドルのコスト削減と生産性向上 新時代の企業間連携の要件とは?
 夜間バッチプロセス、長時間のオンボーディング処理、メンテナンスによる取引先ネットワークの停止など従来手法では、現在の企業間連携の要件を満たすことは不可能となってきている。こうしたリアルタイムのプロセスやアクションを24時間、365日、年中無休で提供するた...(2015/9/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
クラウドデータベースを“ガチ比較”、勝利を飾った意外な名前は
 データベースをクラウドに展開する場合、開発者やアプリケーション設計者には多様な選択肢があり、最良のものを選ぶのはなかなか難しい。独自のデータベースサーバをIaaSに展開すべきか、それともPaaSに切り替えるべきか。DBaaS(Database as a Service、サービスとして...(2015/9/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Hadoopに使いやすさと自動化を──OSSとエンタープライズ機能の融合
 データの大容量化と多様化が進む中、さまざまな種類の膨大なデータを低コストで格納し分析するためにHadoopの採用を検討する企業が増えている。しかし、Hadoop内部に格納されているデータから重要な洞察を引き出すためには、予想以上に高度なスキルと多大な労力が必要だ...(2015/7/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
Hadoopクラスタのスケーラビリティ/パフォーマンス/セキュリティを確保するためのポイントを探る
 大規模分析で古くから使用されているSQLのスキルを利用し、Hadoopを含むあらゆるソースからのデータを検索し、可視化したいというニーズは、ビッグデータ分析に取り組む企業にとって一般的なものだといえる。IBMのHadoop実装であるInfoSphere BigInsightsに搭載されてい...(2015/6/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
物理・仮想・クラウドを統合管理、「クラウドマネジメント」に必要な戦略とは?
 「クラウドマネジメント」のポイントは、サーバ、ネットワーク、ストレージ、仮想環境の統合管理と自動化にある。統合管理と自動化によって、各パートの担当者が問題や課題を共有し、共通のワークフローの下で業務を遂行することが重要だ。それにより、ノウハウや問題点...(2015/6/10 提供:シスコシステムズ合同会社)

事例
20年以上の医療データ保存、愛媛大学医学部附属病院が構築したストレージ環境とは?
 地域医療と先進医療の双方に取り組む愛媛大学医学部附属病院は、大学病院の先頭を切って2003年に電子カルテシステムを導入し、先進的な医療に取り組み始めている。2009年には、紙のカルテの運用を廃止し、完全電子化に移行。2014年には電子カルテシステムを最新化すると...(2014/11/11 提供:インテル株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月22日号:次に市場から消えるのは誰?
 Computer Weekly日本語版 10月22日号は、以下の記事で構成されています。■Windows Server 2003移行特需に笑うHP、苦境のIBM Windows Server 2003のサポート終了でサーバ市場に変動が起こると予想されている。ここで漁夫の利を得そうなのがHP。一方、IBMとDellはHPに...(2014/10/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
比較! ウチの会社とクラウド事業者のITは何が違うのか?
 米Gartnerの調査担当副社長レイ・パケット氏は、「2017年には、パブリッククラウドが企業における一般的なアーキテクチャになっているだろう」と予測する。だが、今はまだ、パブリッククラウド事業者とユーザー企業で、ITのアーキテクチャの在り方は大きく異なる。 パ...(2014/9/25 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
仮想化とクラウドが皮肉にも招いてしまったネットワークの課題とは?
 仮想化とクラウドコンピューティングは、圧倒的なコストとスケーラビリティのメリットをもたらしたが、IT部門にまったく未知の課題を突き付けることになった。当面のニーズへの対応力は改善できるのだが、問題の診断やパフォーマンスの分析はより複雑になり、従来の手法...(2014/9/19 提供:Gigamon LLC.)

製品資料
エンタープライズ用ストレージがコスト減、高可用性、柔軟性を手に入れるには?
 ここ10年の間にエンタープライズ環境は、プロプライエタリなサーバアーキテクチャから、オープンソースアーキテクチャに移行したことで、スケーラビリティ、柔軟性、コストパフォーマンスの面で大幅に向上した。しかしながら、ストレージは、この変化に対応できておらず...(2014/8/27 提供:レッドハット株式会社)

Loading