2006年05月15日 12時01分 公開
特集/連載

MySpaceの危険性――間違ったSNS利用が新たな脆弱性となるColumn

日本でもmixiが人気を呼んでいるソーシャルネットワーキングサイト。だが、従業員が間違った利用をした場合、企業システムへの脅威ともなる。

[TechTarget]

 米国で大人気のソーシャルネットワーキングサイト(SNS)MySpace.comは、多くの企業にとって特に重要な存在ではない。だが最近は、社員が仕事中に自分のSNSアカウントにアクセスし、セキュリティの問題を引き起こすケースが問題となっている。

 そうした行為は仕事の生産性を損なうだけでなく、キー入力を盗み取る偽のMySpaceサイトに社員が誘導されるという問題にもつながっている。ときには、MySpaceへのログイン名とパスワードをキャプチャされてしまった社員が、同じログイン名とパスワードを社内のネットワークや機密情報を含むデータベースなどへのアクセスにも使っていたというケースもある。

 MySpaceは現在6300万人のユーザーを擁し、ヤフーに次いでアクセス数が第2位のドメインとなっている。だが、フレンドスターやフェースブック・ドットコム(大学生向け)などを含め、SNSはいずれも仕事場のコンピュータや社内ネットワークと接続された自宅のコンピュータから誤った使い方をされた場合、トラブルを招くことになりかねない。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...