2006年05月29日 15時15分 公開
PR

運用・保守業務を効率化するソリューションの決め手アプリケーション障害に対する運用コストを大幅に削減

年々、システムや技術が複雑化することで、障害対応も複雑化している。そのため、障害が解決するまでには、非常に多くのコストを必要とする。では、どのようにしたら、運用・保守業務におけるコストダウンが図れるのだろうか。

[TechTarget]
photo

株式会社電通国際情報サービス

ビジネスソリューション事業部

グループ経営コンサルティング3部

白戸 大輔氏

【専門分野:システム運用管理ツール活用】

WWWバンキングなどの金融システムや、大規模ECサイトを中心に、ミッション・クリティカルなWebアプリケーションを担当。その後、社内横断的な技術支援、研究・開発に携わり、現在は社全体のSIプロジェクトの技術支援に従事する。


 システムの投資コストの見直しを常に求められる昨今では、運用・保守業務に対するコスト削減意欲も非常に高い。システム管理者は、継続的に発生する保守コストを、サービス・レベルを落とさずに抑えるという、相反する要求に対応しなければならない。

 しかし、年々、システムや技術は複雑化している。そのため、障害対応も複雑化し、障害が解決するまでには、多くのコストを必要とする。どのようにしたら、システム管理者は、運用・保守業務におけるコストダウンが図れるのだろうか。どのようにしたらアプリケーションの障害対応を効率化できるのか、弊社の、アプリケーションの保守効率の最適化を目指すソリューションをご紹介する。

TechTarget会員限定記事の続き>>がご覧になれます。
次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、
時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)


■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなせていただきます。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「株式会社電通国際情報サービス」に収集される。
  • 「株式会社電通国際情報サービス」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る。

お客様の個人情報は「株式会社電通国際情報サービス」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


制作:ITmedia +D 編集部