アウトソーシングを検討すべき5つのセキュリティ業務Column

セキュリティの専門家を雇うにはコストが掛かるが、かといってアウトソーシングも難しい。どのようなセキュリティ業務のアウトソーシングを検討すべきだろうか。

2006年06月13日 09時35分 公開
[TechTarget]

 セキュリティサービスをアウトソースするという判断は、二重の意味で難しい。サービスを任せる相手が自分の会社の情報資産を保護する能力を十分に備えていると信じる一方で、会社に損害を与えるのに必要な知識も持ち合わせているという認識を持たなければならないからだ。とはいえ、多くの中小・中堅企業にとっては、高度な情報セキュリティ機能を導入するに当たっては、外部の支援に頼らざるを得ないのが実情だ。セキュリティ分野の専門家を雇い入れるのは非常に難しく、小規模な企業にはその費用を受け入れるだけの合理性はない。

 では、中堅企業がアウトソーシングを検討する必要があるのは、具体的にどのようなセキュリティ業務なのだろうか。5つの業務をリストアップした。

ITmedia マーケティング新着記事

news190.jpg

シンフォニーマーケティングが日立グループに「ABM研修特別編」を提供
シンフォニーマーケティングが日立アカデミーと教育プログラムを共同で設計・開発。世界...

news045.jpg

「現金で買い物」は少数派? 意外なポイントの使い道は? 調査で見えたお金への意識の変化
メットライフ生命保険が「全国47都道府県大調査 2024〜社会情勢の変化と将来への備え〜...

news100.png

どこどこJPに「匿名ネットワークアクセスレポート」が追加
Geolocation Technologyは、「どこどこJP」に新機能「匿名ネットワークアクセスレポート...