2006年06月13日 09時35分 公開
特集/連載

アウトソーシングを検討すべき5つのセキュリティ業務Column

セキュリティの専門家を雇うにはコストが掛かるが、かといってアウトソーシングも難しい。どのようなセキュリティ業務のアウトソーシングを検討すべきだろうか。

[TechTarget]

 セキュリティサービスをアウトソースするという判断は、二重の意味で難しい。サービスを任せる相手が自分の会社の情報資産を保護する能力を十分に備えていると信じる一方で、会社に損害を与えるのに必要な知識も持ち合わせているという認識を持たなければならないからだ。とはいえ、多くの中小・中堅企業にとっては、高度な情報セキュリティ機能を導入するに当たっては、外部の支援に頼らざるを得ないのが実情だ。セキュリティ分野の専門家を雇い入れるのは非常に難しく、小規模な企業にはその費用を受け入れるだけの合理性はない。

 では、中堅企業がアウトソーシングを検討する必要があるのは、具体的にどのようなセキュリティ業務なのだろうか。5つの業務をリストアップした。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...