2006年08月01日 21時17分 公開
PR

1,000万件の履歴に耐えるメールセンターの導入インターネット通販のリーディングカンパニーが採用

インターネット通販事業において、ゆるぎない地位を確立しているネットプライス。業績は躍進を続け、前期(平成17年9月期)で106億円、さらに今期は150億円もの売り上げを達成しようかという成長企業だ。そんな同社にとって、顧客窓口であるコールセンターの安定稼動は重要なポイントだった。

[TechTarget]

 急激な成長は問い合わせ件数の増加を生み、頻繁なサーバダウンを引き起こす。システムの切り替えを迫られた同社は、数あるソリューションの中から、同社ならではの課題に対応できるカスタマイズ性(ベンダーが機能追加に対応)と、1,000万件の履歴にも耐えたパフォーマンステストの結果から、株式会社ビッツテージの提供する「inspirX(インスピーリ)」を採用した。

 新たなソリューションを導入することで、その問題解決に取り組んだ同社はいま、現状のデータセンターが安定稼動するという「原状復帰」だけでなく、未来の顧客対応における不安も払拭することに成功した。この成功でネットプライスは、事業拡大の基盤、その一端をも手に入れたと言えるだろう。

photo

今回の導入企業 【ネットプライス】

photo

 eコマースの先進企業である同社は、ギャザリングという、購入者全体での購入数に応じて売価が下がっていく逆オークション制の共同購入モデルを構築。単に購入するというだけではなく、価格面での斬新さも消費者の支持を受け、パソコンのみならず、携帯電話ユーザーまでをも虜にした。


 目利きのバイヤーが世界中から仕入れてきた商品を、社内の専属ライターが分かりやすく魅力的にサイトで紹介するなど、iモード黎明期からいちはやくモバイルコマースに注目。同社独自のノウハウ、ネットワークを多数持っているのが特徴だ。「提携媒体140社超」という導線拡大戦略もその1つといえる。


 現在では売り上げ比の6割が携帯電話からと、モバイルコマース業界では楽天やYahoo!を超えるeコマースの雄である。


 しかし、アクセスの窓口が増えた分、顧客対応面では手間が増えるという副産物も生み出してしまう。成長のさなか、コールセンターの基盤を作ることは同社にとって課題となっていたのだが……。


URL http://www.netprice.co.jp/


コールではなくメールセンター

 モバイルコマースを核に躍進を続けるネットプライス。インターネット上で、しかも携帯電話でモノを売るという意味で言えば、新たな小売りの姿を提示している企業ともいえる。となればもちろん、顧客対応、つまりコールセンターの姿も、他社とは若干異なるものになる。同社のカスタマーリレーションディビジョン CS統括マネージャー 佐竹 秀文氏は次のように語る。

TechTarget会員限定記事の続き>>がご覧になれます。
次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、
時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)


■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなせていただきます。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「株式会社ビッツテージ」に収集される。
  • 「株式会社ビッツテージ」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る。

お客様の個人情報は「株式会社ビッツテージ」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


制作:ITmedia +D 編集部