2006年09月04日 10時58分 UPDATE
PR

「暗号」と「認証」によるセキュリティ対策【第1回】身近に潜む情報漏えいを「強固な暗号」で防ぐ

さまざまな情報漏えい事故の影響で、企業はセキュリティに対するリスクを重んじるようになりました。しかし、USBメモリなどで受け渡す電子データや、メール本文や添付ファイルへの対策はどうでしょうか。これらの情報漏えいを防ぐ対策として、暗号化が最適な選択です。漏れなく情報を守る暗号化は、最強の砦と言えます。

[TechTarget]
taniguchi_face.jpg

NTTソフトウェア株式会社

モバイル&セキュリティ・ソリューション事業グループ

ソリューションSE部門

谷口 雅仁氏

【専門分野:暗号技術を利用したパッケージシステム提案、セキュリティシステム提案】

1994年にNTTソフトウェア株式会社に入社。2000年より、金融機関をはじめ各業界のPKI認証システムの構築や運営支援を行う。2004年より、自社暗号製品CipherCraftシリーズの製品企画を担当。2006年より、暗号製品だけでなく、セキュリティ全般の製品企画、マーケティングを担当する。


 顧客情報の流出は歯止めが効かず、大量の情報流出も後を絶ちません。各企業とも情報漏えいの対策を進めているはずですが、まだ抜け道はふさぎきれていないと言えます。主な要因としては、ルールを作ってもそれが守られていない現状があります。そこで、ITを組み合わせて自動的にルールを守る手段が必要です。特に「情報システムへのアクセス制御」や「重要電子情報の保護」の対策が効果的です。

 この「重要電子情報の保護」では、情報の出口が実際は手薄であることがほとんどです。情報の出口であるUSBメモリやCDで受け渡す電子データ、電子メールは何の対策もなく、そのままほかの企業などに送付されています。この出口の対策こそが、情報流出を防ぐ重要なポイントの1つとなります。電子情報保護、すなわち出口を守るための対策は、暗号化や、メールを誤送信しない仕組みが有効です。本稿では、暗号技術を利用した電子情報保護対策について解説します。

TechTarget会員限定記事の続き>>がご覧になれます。
次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、
時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)


■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなせていただきます。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「NTTソフトウェア株式会社」に収集される。
  • 「NTTソフトウェア株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る。

お客様の個人情報は「NTTソフトウェア株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。