2019年05月28日 10時00分 公開
PR

被害拡大で後手に回らないために人材不足の企業でも手軽に導入・運用できる包括的な次世代セキュリティ対策とは

さまざまなサイバー攻撃が横行する中で、企業におけるエンドポイントセキュリティは重要性を増している。セキュリティ人材の確保やセキュリティ対策の導入・運用に悩む企業は何をすべきだろうか。

[TechTargetジャパン]

 企業セキュリティは、ますます厄介な状況に追い込まれている。Kaspersky Labの調査によれば、2018年に観測された悪意のあるオンライン攻撃は19億件に達し、1年間で何らかのWebベースの攻撃に遭遇したエンドポイントは30%を超えた。

 この数年、特に注目を集めているのが、侵入したPCのファイルを勝手に暗号化し、身代金を要求する「暗号化型ランサムウェア」だ。2018年に発見された暗号化型ランサムウェアの亜種は約4万種に上った。ランサムウェアの標的となった法人は、全世界で22万社を超えたという。

 こうした攻撃にさらされるエンドポイントは多く、テレワークの普及も相まって、企業はなかなか十分な対策を取れていないのが実情だ。金銭的、人的リソースの不足に悩まされている企業もあるだろう。

 エンドポイントセキュリティは、検知・防御などの技術面もさることながら、管理面も非常に重要だ。本稿では、大企業から中小企業まで利用できる、効率的なエンドポイントセキュリティ対策方法を紹介しよう。

提供:株式会社カスペルスキー

提供:株式会社カスペルスキー
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部