TechTargetジャパン

データセンター向けの高性能な機能群を紹介
「Windows Server 2012 R2」最強伝説を裏付ける5つの管理機能
米Microsoftの最新サーバOS「Windows Server 2012 R2」は、データセンター向け機能を多く搭載する。これらの高性能な機能によって複数のドメインの管理を容易にしている。(2015/3/9)

「Windows 8.1」の起動を高速化
「会社PCの起動が遅い」と思ったら見直したい「Windows」設定
社内ネットワークに接続する「Windows 8.1」マシンは、グループポリシーの同期処理によって、起動が遅くなることがある。この問題を解決するには、Windows 8.1と「Windows Server 2012 R2」でキャッシュを有効にすることを検討されたい。(2015/2/2)

大企業が相次ぎ被害
「Windows 8.1」なら対応可能、手ごわい「Pass-the-hash」攻撃に備えるには
シングルサインオンは、ユーザーが何度もログインする手間を省いてくれるが、セキュリティ上の脅威となり得る。「Windows 8.1」と「Windows Server 2012 R2」で導入された機能を使ってこの問題に対処しよう。(2014/12/24)

トラブルが起きてからでは後の祭り
「Windows Server 2012 R2」へのサーバ移行、最低限の準備はこれだ
OSをアップグレードする際のトラブルを避けるには、作業を開始する前に十分な準備をしておかねばならない。「Windows Server 2012 R2」に移行するに当たって準備すべきことをまとめた。(2014/12/10)

低レイテンシ技術に注目
ネットワーク効率化に効果あり、「Windows Server 2012 R2」の3つの新機能
Windows Serverの最新版には、トラフィック効率の向上を目指す管理者が検討すべき新機能が用意されている。(2014/11/4)

中堅以上の企業でも検討すべきEssentials
知らないとかなりマズい、Windows Server 2012 R2の常識
「Windows Server」には、管理者にとって重要な多くの変化が起こっている。特に新バージョンの「Windows Server 2012 R2」を導入するときは、サーバの管理とライセンス体系がこれまでと異なることに留意されたい。(2014/10/10)

「CPUアフィニティ」の使いどころをチェック
Windows Server 2012 R2の「プログラムが使うCPUを限定する機能」はこう使うべし
米Microsoftの「Windows Server 2012 R2」には、プロセスやスレッドを実行するCPUを指定する機能がある。ただし、この機能の利用を決める前には、幾つかの検討すべき問題がある。(2014/9/9)

基盤技術が肝
ブランドよりも中身が大事、「Windows Server 2012 R2」のサーバ選定
サーバの選択はOSやワークロードのパフォーマンスに深刻な影響を及ぼす可能性がある。「Windows Server 2012 R2」のパフォーマンスが向上するハードウェアの選択肢とは?(2014/9/3)

Windows ServerとSystem Centerで構築するハイブリッドクラウド
サーバOSの移行は“クラウド+運用”でのインフラ設計が最大の肝に
「Windows Server 2012 R2」への移行における最大の懸念事項は、アプリケーションの移行よりも将来を見越したインフラの設計だ。これこそが、柔軟性や管理性に優れ、コストメリットの高いIT環境を構築する肝になる。(2014/8/4)

Windows Server 2003ユーザーのためのHyper-V解説【第2回】
Windows Server 2003の延命にHyper-V活用は妥当か?
Windows Server 2003(R2含む)の移行先としてまず挙がるのは、現在の最新版であるWindows Server 2012 R2だ。仮想化テクノロジーのHyper-Vは、このバージョンで利用できる機能である。移行期およびその後の運用における活用方法を解説する。(2014/6/5)

Windows XP&Windows Server 2003移行の「い・ろ・は」【第2回】
今やらないと後で大変 Windows Server 2003からのロール(役割)移行
Windows Serverはさまざまな役割と機能を提供します。今回は、主要な役割や機能をWindows Server 2003からWindows Server 2012 R2に移行する解決策やヒントを紹介します。(2014/1/30)

iOS/Android端末に対応
Windows Server 2012 R2新機能徹底レビュー
MicrosoftはWindows Server 2012 R2において、クラウドと仮想化への対応を強化した。また、ユーザーが使っているのはWindowsクライアントだけはないという事実をついに受け入れた。(2013/12/18)

両社の矛盾するコスト試算
Windows Server 2012 R2とVMware、ハイブリッドクラウド向け機能が主戦場
MicrosoftのサーバOS新版がリリースされた。パブリック/プライベートクラウド展開戦略の見直しをCIOに提案したい。(2013/12/4)

失望から一転、喜びの声が上がる
「スタートボタン」以上に重要な「Windows Server 2012 R2」の復活機能
2013年10月に正式リリースされたサーバOS最新版「Windows Server 2012 R2」。多くのユーザーの関心が同日リリースの「Windows 8.1」のスタートメニューボタンの復活に集まる中、ある機能の再登板がひそかに話題を呼んでいる。(2013/11/12)

Windows Server 2003からの簡単移行も実現
最新のHyper-V環境のメリットを最大化する秘訣
Microsoftの最新サーバOS「Windows Server 2012 R2」に標準搭載された「Hyper-V」。多くの機能追加や拡張が行われたこの技術の導入メリットを解説する。(2013/10/31)

強化されたストレージ機能を紹介
Windows Server 2012 R2で必ず押さえたいSSD活用の新機能
クラウドや仮想化を意識して多数の機能強化が図られたWindows Server 2012 R2。本稿では、ストレージ機能にフォーカスし、その機能強化ポイントを紹介する。(2013/8/16)

Windows Server 2012 R2でハイブリッドクラウド実現
進撃するITの巨人、米Microsoftの企業向け新戦略とは
正式リリースまで秒読みが始まったWindows Server 2012 R2。ハイブリッドクラウド機能をはじめ、企業ニーズが大きい複数の新機能を搭載するという。(2013/7/9)