TechTargetジャパン

RAM容量1TBで1000の仮想マシン実行
Windows Server 2016の「Nano Server」、驚異の高密度は何を生み出す?
「Nano Server」は「Windows Server 2016」で登場した新しい機能だ。このミニサイズのサーバがいかにパワフルで安全であるかを解説する。(2017/3/17)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第3回】
Windows Server 2016で大幅拡張した対応CPUとシステムメモリ要件を把握する
最新世代のOSが登場したとき、IT担当者としては実用的な処理能力を発揮できるハードウェア構成に注意する必要がある。今回はWindows Server 2016で大幅に拡張したCPUとシステムメモリをチェックする。(2017/2/1)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第2回】
Windows Server 2016で登場した難解「コアライセンス」を把握する
新サーバOS「Windows Server 2016」への移行を検討しているIT担当者にとって、新機能やその使い方以上に重要かつ苦労するのが「ライセンス」の扱いだ。微妙に変わってかえって間違いやすいこの問題をチェックする。(2017/1/19)

会員が注目した2016年記事ランキング(サーバ&ストレージ編)
依然としてSSDに注目、関心高まるハイバーコンバージドインフラとWindows Server 2016
TechTargetジャパンの専門メディア「サーバ&ストレージ」で2016年にアクセスが多かった記事の傾向から、需要動向を振り返り、2017年の流れを予測します。(2016/12/29)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第1回】
Windows Server 2016の導入前に検討したい「エディション」を把握する
新世代サーバOS「Windows Server 2016」が登場した。移行を検討しているIT担当者にとって新機能やその“使い方”の学習はひと苦労だろう。この連載がその苦労を軽くするはず。(2016/12/22)

仮想化、クラウド時代のサーバOS
熟成されたサーバOS「Windows Server 2016」の全貌
ついに登場した「Windows Server 2016」。大幅に改善、強化された各種機能と仕様を紹介する。(2016/11/21)

時代はバイモーダル
専門家も誤解する「Windows Server 2016」の2つのコンテナ技術、比較で分かったことは
マイクロサービスを利用している企業にとって、コンテナ技術の選択は厄介な問題だ。本記事ではWindows Server 2016で利用できる各種コンテナの特徴について説明する。(2016/10/13)

移植性に注目
Windows Server 2016のコンテナ機能が災害復旧に有効な理由
Windowsコンテナは簡単に移植できることから、確実な災害復旧の機会を提供する。だが、まずはこれをいつ、どう利用すべきかの詳細について理解しておく必要がある。(2016/8/10)

Linuxやクラウドも選択肢に
Windows 10移行より難問? 「Windows Server 2016へ移るか、移らないか」問題
Microsoftの「Windows Server 2016」のリリース日が近づいている。あなたの勤務先では、Windows Server 2016へアップグレードするのだろうか。それとも別の方法を採るのだろうか。(2016/8/1)

Exchange Server相当の可用性を実現
「Windows Server 2016」新機能、高可用性ストレージを自在に構成する「Storage Spaces Direct」とは?
「Windows Storage Spaces」では新しい「Storage Spaces Direct」機能の追加により、ローカルストレージをフェイルオーバークラスタとして使えるようになった。JBODストレージもサポートする。(2016/7/7)

ライセンス違反なしで実現
「Windows Server」をAWSで動かす、意外に簡単なその方法とは?
企業はライセンスに問題に対しては用心深いが、Microsoftベースのワークロードを「AWS」に移行したいという企業もある。ライセンス条件に違反することなしに、これを実現するにはどうすればいいのか。(2016/6/10)

DockerツールはWindows Server 2016で使えるが……
コンテナとDockerとWindows Server 2016の“なんともややこしい”関係
Dockerは現在において最も普及しているコンテナ技術だが、今のところ、Linuxでしか動作しない。Microsoftが新たに提供する「Windows Server コンテナ」は、こうした状況を大きく変える。そう、いろいろな意味で。(2016/4/22)

有料ツールは試用可能かどうかも選定のポイント
うんざりする作業が少しは楽に? 「Windows Server」のイベントログ監視ツール5選
Windows Serverのイベントログファイルは、パフォーマンスと運用に関する情報の宝庫だ。とはいえ、それを何十台も監視するのは大変な作業だ。ログ監視を少しでも効率化するための有料・無料ツールの一例を紹介する。(2015/12/22)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
サポート終了後のWindows Server 2003セキュリティ対策(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/10/17)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
サポートが終了したWindows Server 2003を使い続ける方法(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/10/3)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
サポートが終了したWindows Server 2003をもう少し使う方法(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/9/26)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
サポートが終了したWindows Server 2003をもう少し使う方法(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/9/21)

約1100万台のWindows Server 2003マシンが稼働
サポートが終了したWindows Server 2003を「一時的に」延命する方法
2015年7月にサポートが終了したWindows Server 2003だが、まだ多くのサーバで稼働している。OS移行の準備ができるまで、取りあえずWindows Server 2003を延命する方法を紹介する。(2015/9/3)

重要なアップデートでより堅牢に
Telnetサーバも消える、「Windows Server 2016」のセキュリティ変更点とは
「Windows Server 2016」には、認証オプション、アカウント制限、Web対策などに関係するアップデートが含まれる。(2015/8/4)

世界で今なお150万本が残留か
10秒で侵入される――ついにサポート終了、「Windows Server 2003」継続利用したらどうなる?
「Windows Server 2003」のサポート期限が終了したにもかかわらず、いまだに多くの組織がリスク回避のために必要なアップグレードやセキュリティ対策を行っていない。(2015/7/23)

Hyper-Vに乗り換える?
今から押さえたい、「Windows Server 2016」のHyper-V新機能
「Windows Server 2016」では「Hyper-V」関連の新機能は少ないものの、「PowerShell Direct」機能およびストレージのレジリエンシー(障害復元性)の改善は注目に値する。(2015/7/15)

何もしないという選択肢はない
企業に残る「Windows Server 2003」は300万台 サポート終了で真っ先にやるべきことは?
「Windows Server 2003」は、2015年7月にサポートが終了する。だが、多くの企業はサポート終了後もWindows Server 2003を運用するだろう。本稿では、企業の安全を確保する方法について説明する。(2015/6/29)

Hyper-V ContainerとWindows Server Container
「Windows Server 2016」がDockerをサポート、大幅強化されるコンテナ技術の中身とは?
Microsoftは次期サーバOS「Windows Server 2016」で、Dockerコンテナをサポートする。また、「Windows Server Container」と「Hyper-V Container」を提供する予定だ。(2015/6/29)

複雑なWindowsライセンスの問題を回避
Windows ServerをPCで利用? DaaS対応で“斜め上”な手法が必要となる理由
DaaS環境でWindows Serverのデスクトップを使用すれば、複雑なWindowsライセンスの問題を回避することができる。だが、その代償としてアプリケーションの互換性に関する問題が浮上する。(2015/6/5)

バックアップツールを活用
Windows Server移行、袋小路のIT担当者に「奥の手」伝授します 
Windows Server 2003サポート切れのタイムリミットが近づいている。何もしないでは済まされないが、きちんと対策を取るにはもはや十分な時間がない。どうするIT担当者?(2015/5/29)

新旧システムを並行利用する延命策こそが現実解
正論だけではうまくいかない「Windows Server 2003」移行問題はこう解決しよう
「Windows Server 2003」のサポート終了を控え、多くの企業がシステム移行を進める。だが固有の理由から既存システムを使い続けなければいけない企業もある。そうした課題を解決できる方法とは?(2015/5/26)

2回目のプレビュー版がリリース
「Windows Server 2016」で待望のコンテナ機能が使える日はいつやってくる?
米Microsoftの次期サーバOS「Windows Server 2016」では、話題のコンテナ技術をサポートする予定だ。だが、最新のプレビュー版にはまだ搭載されておらず、ユーザーの一部から落胆の声が上がっている。(2015/5/13)

より安価な導入支援プログラムも提供
単なるWindows Server 2003移行で終わらせないIT変革の3つのステップ
「Windows Server 2003」移行を単なるシステム更新だけに終わらせるのはもったいない。今からでも間に合うスマートな移行方法が企業にもたらすメリットを紹介しよう。(2015/5/12)

Microsoftは2つのユースケースを想定
次期Windows Serverの超スリム版「Nano Server」が気になる
2016年にリリースされる「Windows Server」の次期バージョンでは、機能を最小限に絞り込んだ新しいインストールオプションが提供される。その使い所とは?(2015/4/22)

クラウドを活用するBCP/DR対策もスモールスタートで実現
「Windows Server 2003」移行でクラウド化を促進、今必要とされる攻めのIT投資
2015年7月の「Windows Server 2003」サポート終了を契機に、自社システムのクラウドの導入を検討する企業は少なくない。そんな中、柔軟かつ拡張性の高いIT基盤の構築を無理なく進められる方法が注目を集めている。(2015/3/31)

ハイブリッドクラウドで低コストなDR環境も構築可能に
これで解決、「Windows Server 2003」を使い続ける2つの理由
「Windows Server 2003」の延長サポート終了が迫る中、中堅・中小企業が同OSからの移行に着手できない要因は大きく2つある。それぞれに適切な支援策を利用すれば、安心、安全に移行できる。(2015/3/30)

XPから移行したレガシーアプリをどうすべきか
XP移行問題は終わっていない、Windows Server 2003サポート終了で“再燃”の理由は
「Windows Server 2003」のサポートが2015年7月に終了する。同じく2014年4月にサポートが終了した「Windows XP」向けアプリケーションをWindows Server 2003に移行している場合は、移行に関する大きな問題が待ち構えていることになる。(2015/3/18)

悩める企業を助ける「駆け込み寺」も用意
「Windows Server 2003」移行の“早道”は支援策の事前検証にあり
2015年7月に延長サポートが終了する「Windows Server 2003」の移行が急務となっている。しかし、移行策を検討しながらも最終的に絞り込めていないとの声も少なくない。打開策はあるのか?(2015/3/18)

インテルが実践したプライベートクラウド導入事例のノウハウも紹介
Windows Server 2003サポート終了後、企業に迫るIT環境変革の波
2015年7月に迎える「Windows Server 2003」のサポート終了は、単なるOSの移行だけではなく次世代の企業IT環境に向けた重要なターニングポイントになる。中長期的な視点からその真のインパクトを探る。(2015/2/27)

「Windows XP」の後遺症もある?
サポート終了目前、「Windows Server 2003」の継続利用は“初めから負けると決まった賭け”
「Windows Server 2003」からの移行は決して容易な作業ではない。だが、移行を先延ばしにする方がはるかに費用は掛かる。ではどうすればいいのだろうか。専門家の意見を基に考察する。(2015/3/4)

データセンター向けの高性能な機能群を紹介
「Windows Server 2012 R2」最強伝説を裏付ける5つの管理機能
米Microsoftの最新サーバOS「Windows Server 2012 R2」は、データセンター向け機能を多く搭載する。これらの高性能な機能によって複数のドメインの管理を容易にしている。(2015/3/9)

悩めるIT担当者に贈る
「Windows Server 2003」の移行あるある “3つの悩み”をすっきり解決するには
「Windows Server 2003」の移行で頭を悩ませているIT担当者は多いのではないだろうか。特に「残存サーバの対応」「クラウドの利用」「移行コストの削減」の3つは、よくある悩みのポイントだ。その課題と解決策を紹介する。(2015/2/17)

「Windows Server 2012 R2」にアップグレードする
重要性が増すWindows Serverのリモートデスクトップ、アップグレード時の注意点は
リモートシステムを管理する上で「Windows Server RDS」の重要性が増している。アップグレードの際には事前にどのような準備が必要なのだろうか。(2015/2/12)

パッチレスで要塞化を実現する「アプリラッピング」が最適解
Windows Server 2003延命企業が陥る「リスク前提のズレ」、その対処法とは?
サポート終了後も「Windows Server 2003」を延命したいと考える企業は少なくない。ただし、こうした企業は前提として考えているリスクと対策アプローチがずれていることが多い。解決策を示す。(2015/2/4)

「止められないサーバ」をどうする?
Windows Server 2003、こじらせた「移行の悩み」を解消する奥の手
さまざまな理由で「システムを止められない」と、移行が進まず悩むIT担当者へ。古いファイルサーバを稼働させたまま簡単にデータを移行する方法があるのをご存じだろうか。(2015/1/30)

帯域幅利用の強化、SMB 3.0経由のレプリケーション
管理者が思わず喜ぶ、次期Windows Serverのストレージ2大機能
2015年に登場予定であるMicrosoftのサーバOSの次期バージョンでは、ストレージ機能の強化が盛り込まれる。この技術は、Hyper-Vの管理・運用を大幅に改善させる可能性がある。(2015/1/23)

悩んでいる時間がもったいない! まだ間に合う
中堅・中小企業が抱える「Windows Server 2003」移行ジレンマの打開策
「Windows Server 2003」のサポート終了まで半年を切り、移行に取り組むことが急務となっている。ただ、中堅・中小企業を中心に「分かっているけど移行できない」と悩む企業も存在する。打開策はあるのか?(2015/1/22)

Gartnerが提案するベストプラクティス
リスク管理アプローチで整理するWindows Server 2003問題
サポートが終了するWindows Server 2003をどうするべきか。これについての問い合わせが急増しているGartnerが、リスク管理の観点から問題を整理することを提案している。リスクとは何か? どうコントロールする?(2014/12/26)

デルがお勧めするWindows Server 2012
Windows Server 2003サポート切れ、悩める中小企業に“都合のいい”製品とは?
Windows Server 2003延長サポートが2015年7月15日に終了するが、いまだこの古いOSを使い続ける企業は少なくない。移行に二の足を踏む企業が「これなら」と首を縦に振る製品とは?(2014/12/19)

SMBが検討すべきWindows Server 2003移行のポイント【第3回】
「Windows Server 2003」移行こそ“ポジティブ姿勢”で取り組むべき
「Windows Server 2003」からの移行を単なるシステム更新だけに終わらせてしまうのはもったいない。避けられない負担であるならば、そこから最大限のメリットを見いだすというポジティブな姿勢で臨むことが得策といえるだろう。(2014/12/16)

デルがお勧めするWindows Server 2012
Windows Server 2003移行、不安なユーザーが頼れるベンダーの条件
移行に踏み切れず今日まで来てしまった企業には何らかの理由があるはず。問題があればまず、共に解決に当たってくれる頼もしいベンダーを探してみてはどうだろう。(2014/12/24)

トラブルが起きてからでは後の祭り
「Windows Server 2012 R2」へのサーバ移行、最低限の準備はこれだ
OSをアップグレードする際のトラブルを避けるには、作業を開始する前に十分な準備をしておかねばならない。「Windows Server 2012 R2」に移行するに当たって準備すべきことをまとめた。(2014/12/10)

「Windows XP」サポート終了とはここが違う
「Windows Server 2003」移行で注意したい“深い落とし穴”
米Microsoftのサーバ向けOS「Windows Server 2003」のサポート終了が近づき、新しいサーバへの移行準備を始める時期が来ている。どう始めればよいのか。考慮すべき点とその指針を解説する。(2014/12/2)

リスク回避だけではもったいない
Windows Server 2003の移行は、やり方次第で“戦略投資”になる!?
Windows Server 2003のサポート終了が刻々と近づいている。「移行コストを抑えたい」という思いはどの企業も同じだが、そのコストが“戦略投資”に変わるとしたらどうだろう。業界を代表する3人のキーパーソンが語り合った。(2014/11/20)

オンプレミスか、クラウドか
サポート終了が迫る「Windows Server 2003」、悩ましい移行先の選定
米Microsoftは2015年7月に「Windows Server 2003」のサポートを終了する。アップグレードは単純に同社の新しいサーバOSを導入するよりも複雑だ。(2014/11/18)

SMBが検討すべきWindows Server 2003移行のポイント【第2回】
「Windows Server 2003」移行は誰が、いつ、何をすべきか
「Windows Server 2003」からのサーバ移行を考える際、全ての移行作業を自社で行う場合や一部を外部委託する場合など、さまざまなケースがある。果たして、どのタイミングで誰が何を担うべきなのだろうか。(2014/11/11)

仮想環境に特有の3つのバックアップ課題
Windows Server 2003を手放せない企業必読、これだけはした方がいいこととは?
ソフトウェアに縛られ「Windows Server 2003」を移行できない企業必読。迫るサポート終了に備え、まずはバックアップに取り掛かろう。移行先に仮想環境を検討している場合は仮想化特有のバックアップ課題にも備える必要がある。(2014/11/10)

低レイテンシ技術に注目
ネットワーク効率化に効果あり、「Windows Server 2012 R2」の3つの新機能
Windows Serverの最新版には、トラフィック効率の向上を目指す管理者が検討すべき新機能が用意されている。(2014/11/4)

大企業はLenovoを忌避
Windows Server 2003移行特需に笑うHP、苦境のIBM
Windows Server 2003のサポート終了により、サーバ市場に変動が起こると予想されている。ここで漁夫の利を得そうなのがHP。一方、IBMとDellはHPに後れを取る可能性がある。(2014/10/31)

SMBが検討すべきWindows Server 2003移行のポイント【第1回】
「Windows Server 2003」移行であらためて考えたい“サーバ仮想化”
2015年7月に延長サポートが終了する「Windows Server 2003」。サーバの刷新は大きな負担であることは確かだが、業務システムの課題を改善するための良い機会でもある。中堅・中小企業(SMB)が知っておくべきポイントを解説する。(2014/10/16)

中堅以上の企業でも検討すべきEssentials
知らないとかなりマズい、Windows Server 2012 R2の常識
「Windows Server」には、管理者にとって重要な多くの変化が起こっている。特に新バージョンの「Windows Server 2012 R2」を導入するときは、サーバの管理とライセンス体系がこれまでと異なることに留意されたい。(2014/10/10)

「CPUアフィニティ」の使いどころをチェック
Windows Server 2012 R2の「プログラムが使うCPUを限定する機能」はこう使うべし
米Microsoftの「Windows Server 2012 R2」には、プロセスやスレッドを実行するCPUを指定する機能がある。ただし、この機能の利用を決める前には、幾つかの検討すべき問題がある。(2014/9/9)

HP、移行ビジネスを本格始動
200日かかる「Windows Server 2003」移行、6割の企業はいまだ手つかずで大丈夫?
Windows Server 2003のサポート終了まで1年を切り、HPは、顧客を新しいMicrosoft OS、ITインフラ、HPのサポートへ移行させようとパートナーを通じて後押ししている。(2014/9/5)

基盤技術が肝
ブランドよりも中身が大事、「Windows Server 2012 R2」のサーバ選定
サーバの選択はOSやワークロードのパフォーマンスに深刻な影響を及ぼす可能性がある。「Windows Server 2012 R2」のパフォーマンスが向上するハードウェアの選択肢とは?(2014/9/3)

Windows XP移行の悪夢がよみがえる
“惰性”が生む「Windows Server 2003」継続利用の悲惨な結末
延長サポートの終了が近づく「Windows Server 2003」。多くの企業が最新OSへの移行を進めている。だが、移行コストや社内の慣習など、中には決して容易に決断できない状況もある。果たして移行を阻む原因とは何だろうか。(2014/7/29)

中堅・中小企業が直面する「Windows Server 2003」の2015年問題(2)
Windows Server 2003の移行、“はじめの一歩”はどこから?
2015年7月に全ての製品サポートが終了する「Windows Server 2003」。人も予算も限られた中で移行を進めるにはどうすればいいのだろうか。まずは対象システムを仕分け、移行の可否や難度、移行に要する時間を把握することが重要だ。(2014/7/25)

Windows Server 2003ユーザーのためのHyper-V解説
本連載では、「Windows Server 2003」ユーザーを対象に、Microsoftの仮想化テクノロジー「Hyper-V」について解説する。(2014/11/21)

直前にバタバタしないために今すぐ着手を
XP移行に懲りた人のための「Windows Server 2003」“引退”成功術
「Windows Server 2003/2003 R2」の延長サポートが2015年7月14日(米国時間)に終了する。企業は今、Windows Server 2003の“引退”を見越した対策を練らねばならない。本稿ではその理由を説明する。(2014/7/8)

スペックだけでは選ばない
4つの用途で考える、Windows Server 2003移行のサーバ選び
Windows Server 2003移行でおろそかになりがちなサーバ選定。代表的な4つの用途(ファイルサーバ、サーバ仮想化、バックアップ/DR、VDI)を想定し、Windows Server 2012を最大限に活用するためのサーバ選びのノウハウを解説する。(2014/6/30)

中堅・中小企業が直面する「Windows Server 2003」の2015年問題(1)
XPだけではない 今そこにある「Windows Server 2003」危機をどう切り抜ける?
「Windows Server 2003」の製品サポートが2015年7月に終了する。中堅・中小企業のIT担当者にとっては、運用中のサーバをどうするか頭を悩ませている人も少なくない。来たるべき「2015年問題」に対処する方策を探る。(2014/6/24)

スペシャリスト対談が浮き彫りにする解決方法
延長サポート終了になるWindows Server 2003上の「SQL Server」をどう移行する?
2015年7月に延長サポートも終了を迎える Windows Server 2003。その上で稼働するケースが多い SQL Server 2005 も2016年5月には延長サポートが終了を迎える。新バージョンへの移行はどう考えればいいのか。スペシャリストが対談で明らかにする。(2014/6/13)

Windows Server 2003ユーザーのためのHyper-V解説【第2回】
Windows Server 2003の延命にHyper-V活用は妥当か?
Windows Server 2003(R2含む)の移行先としてまず挙がるのは、現在の最新版であるWindows Server 2012 R2だ。仮想化テクノロジーのHyper-Vは、このバージョンで利用できる機能である。移行期およびその後の運用における活用方法を解説する。(2014/6/5)

システム基盤の移行を“攻め”のIT戦略に
Windows Server 2003移行で失敗しないサーバ選択の3要素とは?
2015年7月に延長サポートが終了を迎える「Windows Server 2003」。企業システムの根幹を担う同OSのサポート終了が企業に与える影響は大きい。残された短い時間で確実に移行を完了できる方法を考える。(2014/6/5)

Windows Server 2003/2008のサポート切れで再注目
“2003/2008信奉者”も心変わりする「Windows Server 2012」のメリット
「Windows Server 2003/2008」のサポート終了が近づく中、「Windows Server 2012 」への移行を真剣に検討する動きが現れてきた。Windows Server 2012への移行で何が変わるのか。その影響を見ていこう。(2014/5/19)

問題はセキュリティリスクだけではない
XP以上に深刻、「Windows Server 2003」が放置できない本当の理由
Windows Server 2003サポート終了は、セキュリティ対策のための単なるOS移行ではない。企業とITを競争力ある存在へと変革する絶好の機会なのだ。移行の仕方を間違えると、こうしたメリットが得られないまま終わってしまう……。(2014/5/13)

真のICTリソースプールを実現! サーバもネットワークも“まるごと仮想化”
Windows Server 2003サポート終了にも効く「SDN×仮想化共通基盤」とは
「Windows Server 2003/2003 R2」の延長サポート終了が2015年7月に迫り、最新OSへの移行を考えなければならない。一時的な延命策として仮想化環境で運用する方法もあるが、ネットワーク経由での脅威に注意が必要だ。その有効策とは?(2014/3/12)

Windows XP&Windows Server 2003移行の「い・ろ・は」【第2回】
今やらないと後で大変 Windows Server 2003からのロール(役割)移行
Windows Serverはさまざまな役割と機能を提供します。今回は、主要な役割や機能をWindows Server 2003からWindows Server 2012 R2に移行する解決策やヒントを紹介します。(2014/1/30)

iOS/Android端末に対応
Windows Server 2012 R2新機能徹底レビュー
MicrosoftはWindows Server 2012 R2において、クラウドと仮想化への対応を強化した。また、ユーザーが使っているのはWindowsクライアントだけはないという事実をついに受け入れた。(2013/12/18)

両社の矛盾するコスト試算
Windows Server 2012 R2とVMware、ハイブリッドクラウド向け機能が主戦場
MicrosoftのサーバOS新版がリリースされた。パブリック/プライベートクラウド展開戦略の見直しをCIOに提案したい。(2013/12/4)

失望から一転、喜びの声が上がる
「スタートボタン」以上に重要な「Windows Server 2012 R2」の復活機能
2013年10月に正式リリースされたサーバOS最新版「Windows Server 2012 R2」。多くのユーザーの関心が同日リリースの「Windows 8.1」のスタートメニューボタンの復活に集まる中、ある機能の再登板がひそかに話題を呼んでいる。(2013/11/12)

中堅・中小企業の声を代弁して直撃
Windows Server 2003の移行、本当に急ぐ必要ある?
「Windows Server 2003の延長サポート期限が来る」と騒がれているが、中小企業のIT担当者には、「手が回らない」「まだ先の話」という人が多い。そうした声を代弁する形で、マイクロソフト、デル、インテルの担当者を直撃した。(2013/10/18)

【お知らせ】Windows 8およびWindows Server 2012に関するアンケート調査
本調査は、IT製品・サービスの導入に関与する方を対象に、「Windows 8およびWindows Server 2012の導入・検討状況」をお伺いします。(2013/8/19)

強化されたストレージ機能を紹介
Windows Server 2012 R2で必ず押さえたいSSD活用の新機能
クラウドや仮想化を意識して多数の機能強化が図られたWindows Server 2012 R2。本稿では、ストレージ機能にフォーカスし、その機能強化ポイントを紹介する。(2013/8/16)

「Microsoftの管理戦略は根本的に変化した」
Windows Server担当バイスプレジデントに聞く、米Microsoftのクラウド、BYOD戦略
MicrosoftのWindows ServerおよびSystem Center担当コーポレートバイスプレジデント、ブラッド・アンダーソン氏の独占インタビュー。同社のクラウド、BYOD、OSアップデート戦略を聞いた。(2013/7/19)

脱Windows XPと一緒に考えたいWindows Server 2012への移行
サポート終了はWindows XPだけではない! カウントダウン開始のWindows Server 2003
サポート終了まで1年を切ったWindows XP。そのさらに1年後にはWindows Server 2003のサポートが終了する。Windows 8またはWindows 7の移行に合わせてサーバをWindows Server 2012に入れ替えると、さまざまなメリットが生まれることはあまり知られていない。(2013/5/23)

Windows Server 2008からのアップグレードに値するか?
Windows Server 2012、セキュリティ機能の“見どころ”をチェック
Windows Server 2012はセキュリティ機能だけでなく、ポリシー設定や実装の容易さなど使い勝手も大幅に向上している。アップグレードの判断材料となる幾つかのポイントを紹介する。(2013/2/4)

「Azureユーザー以外には、早期導入を決断させる魅力がない」
「クラウドOS」になれないWindows Server 2012とMicrosoftの焦り
Windows Server 2012には新機能が豊富に搭載されている。中でもWindows Azureとの連携は重要な機能の1つだが、MicrosoftがWindows Server 2012に込める思いはユーザー企業にうまく伝わっていないようだ。(2012/12/25)

アップデートは綿密に計画を
Windows Server 2012のHyper-V、アップグレード計画の考慮点
Windows Server 2012の発売に伴い、Hyper-Vのアップグレードを計画するユーザーは多いことだろう。だが、ハイパーバイザーのアップグレードには多くの考慮点が存在する。(2012/12/18)

2014年には全出荷数の81.3%に到達
Windows Server 2012への移行は2013年が節目
2015年1月、Windows Server 2008のメインストリームサポートが終了する。Windows Server 2003の延長サポートも2015年7月には打ち切られる。Windows Server 2012への移行も、いよいよ秒読みが始まった。(2012/12/10)

Windowsユーザーグループの会長に聞く
IT管理者が知っておくべきWindows Server 2012の4機能
Windows Server 2012には多数の新機能が搭載されている。中でも運用管理面でポイントとなる4つの機能について、ロッキーマウンテンWindowsテクノロジーユーザーグループの会長 デニス・マーティン氏に話を聞いた。(2012/11/27)

冷え込むx86サーバ市場
Windows Server 2012はx86サーバ市場のカンフル剤となるか
出荷数が減少傾向にあるx86サーバ市場において、Windows Server 2012のリリースは福音となるのか。各分野の専門家がみるWindows Server 2012の需要喚起力やいかに。(2012/10/4)

新機能をまとめて紹介
豊富なストレージ機能が使えるWindows Server 2012のHyper-V
Windows Server 2012における注目の改良点は、Hyper-Vの効率的な利用で役立つ各種ストレージ機能だ。中堅・中小企業向けから大企業向けまでの機能を紹介する。(2012/8/7)

Standardエディションは負担増?
Windows Server 2012の新ライセンス体系から見えるMicrosoftの真意
Windows Server 2012のエディションは4種類に再編され、幾つかのエディションが廃止された。これはユーザーにとって得なのか? 損なのか?(2012/7/24)

NTFSはもう古い?
Windows Server 2012のファイルシステムReFSの長所/短所
Windows Server 2012に搭載される新ファイルシステム「ReFS」。ファイルの整合性の確保など、多くの点でNTFSより優れるReFSだが、幾つか制約事項もある。(2012/6/20)

ハイパーバイザー製品紹介:Hyper-V 3.0
【製品紹介】ここまで変わった! Windows Server 2012のHyper-V 3.0の新機能
エバンジェリストが「スペック比較表ではVMwareに劣らない」と豪語するほど進化したWindows Server 2012のHyper-V。大小さまざまな新機能を一挙紹介する。(2012/6/14)

Windows Server 8 βの新機能
Windows Server 8 βのHyper-V 3.0とMetro UI
2月29日にリリースされたWindows Server 8 β。以前の記事で紹介した新機能に加え、Microsoftが競争力の強化ポイントとして考えているHyper-V 3.0やMetoro UI、Server Coreについて解説する。(2012/4/12)

タグベースのアクセス制御は福音か
さらに進化した「Windows Server 8 β」注目の新機能
「Windows 8 Consumer Preview」と同時に発表された「Windows Server 8 β」は、大幅な機能強化が図られている。データをタグで分類する「ダイナミックアクセス制御」は要注目だ。(2012/3/21)

念願の“GUI不要”が実現
Windows Server 8のリモート管理機能は合格点?
Windows Server 8はServer Coreが基本となり、GUIを前提としない管理機能が提供される。具体的には、どのようなことが可能になるのか?(2012/2/22)

Microsoft VDIのRDPを改善する
VDIでHDエクスペリエンスを提供するWindows Server 8の2つの機能
Windows Server 8では、Remote Desktop Session HostとRemoteFXの組み合わせにより、VDI環境においてデータ転送プロトコルやコネクションブローカーを頼らずに高解像度エクスペリエンスを体験できる。(2012/2/20)

私物端末をサーバに接続させる前にチェック
「BYODは危険」を払拭するWindows Server 2008の6大機能
私物端末の業務利用(BYOD)を進める際に忘れてはならないのがサーバ側の対策だ。Windows Server 2008の機能をうまく使えば、BYOD導入を安全に進められる。(2012/2/3)

すぐにはできないWindows Server 8移行
まだまだ使えるWindows Server 2008 R2再チューニング
Windows Server 8がリリースされてもすぐには移行せず、既存のWindows Server 2008 R2を延命したい人も多いだろう。再チューニングを施せば、まだまだ十分に使い続けることができる。(2012/1/27)

便利だが、管理者の望みは別?
Windows Server 8の無停止パッチ適用機能は管理者の福音となるか
Windows Server 8には、クラスタベースのパッチ配布技術が搭載される。これによりダウンタイムなしでパッチを適用できるが、これでWindows管理者のニーズは満たされるのか?(2011/12/2)

Microsoftはなぜ決断したのか
Windows ServerからGUIが消える日
サーバOSにもかかわらずGUIを搭載したことがWindows普及の要因の1つだが、一方でGUIはリソースの浪費にすぎないという管理者もいる。Microsoftが下した決断とは?(2011/11/10)

大進化を遂げた次期サーバOS
Microsoft、コードネーム「Windows Server 8」の詳細を発表
Windows 8に耳目が集まる「BUILD」だが、同時に発表された「Windows Server 8(コードネーム)」も極めて重要な存在である。現時点で判明したWindows Server 8の全てをお伝えする。(2011/9/20)

2つの新しいデスクトップ仮想化機能 〜RemoteFXとDynamic Memory
Windows 7 SP1とWindows Server 2008 R2 SP1の目玉となるデスクトップ仮想化最新機能
2011年前半にリリース予定のWindows最新版のSP1では、デスクトップ仮想化技術のRemoteFXとDynamic Memoryを利用できる。(2011/1/19)

オフラインでPCをドメイン参加させるには?
プロビジョニング時間を短縮するWindows Server 2008 R2の「オフラインドメイン参加」
本稿はネットワーク接続なしでPCをWindowsドメインに参加させる方法を説明する。これを使えば、オフラインのままマシンのプロビジョニングができる。(2010/11/26)

サーバ仮想化でますます複雑に
Hyper-V環境でのMicrosoft Windows Serverライセンスの仕組みとは?
マイクロソフトのサーバライセンスは難解だ。仮想環境においてはさらにライセンスの取り扱いが複雑化する。しかし、OSの種類と仮想サーバの数を整理すれば、Windows Serverのライセンスを理解できるだろう。(2010/9/9)

トラブルシューティングも容易に
Windows Server 2008 R2におけるDFSの強化点
Windows Server 2008 R2におけるDFSのスケーラビリティ強化機能は、多数のブランチオフィスを持つ組織にうってつけだ。(2010/5/7)

64ビット技術を生かす
Windows Server 2008 R2導入に向けキャパシティープランニングを再考する
Windows Server 2008 R2ではプロセッサ要件がx64とItaniumプラットフォームに限定されている。そのため導入に当たっては、キャパシティープランニングをあらためて検討する必要がある。(2009/10/22)

新しい仮想デスクトップインフラ機能とは?
Windows Server 2008 R2のRDS新機能トップ10(パート3)
Windows Server 2008 R2のリモートデスクトップサービス(RDS)で提供される新機能を取り上げる3回シリーズの最終回。今回は1位を発表する。(2009/10/16)

クライアントレンダリングとマルチモニタが大幅強化
Windows Server 2008 R2のリモートデスクトップサービス機能トップ10(その2)
Windows Server 2008 R2のリモートデスクトップサービス(RDS)で提供される新機能をトップ10形式で3回に分けて紹介する。今回は、2位を発表する。(2009/10/9)

旧ターミナルサービスは大きく進化を遂げる
Windows Server 2008 R2のリモートデスクトップサービス機能トップ10(その1)
Windows Server 2008 R2のリモートデスクトップサービス(RDS)で最も魅力的に進化した機能を、トップ10形式で3回に分けて紹介する。今回は、まず10位から3位までを発表する。(2009/10/6)

NEWS
MSが「15人以下の企業」向け低価格Windows Server、5万円台のプリインストール機も
マイクロソフトは社員15人以下の中小企業を対象にしたサーバOSをリリース。機能や拡張性を限定し、搭載サーバを低価格で提供することで導入障壁を下げる。(2009/4/23)

NEWS
IBM、Windows Server 2008 Datacenterを搭載したハイエンドx86サーバをリリース
日本IBMが、Windows Server 2008 Datacenterを搭載したx86サーバをリリース。高性能サーバと、仮想化環境下におけるゲストOS数に制限のないOSの組み合わせで、大規模企業でのサーバ統合ニーズに応える。(2009/2/12)

システム停止の“特効薬”となるのか?
Windows Server 2008「フェイルオーバークラスタリング」の効果的な利用法
Windows Server 2008のフェイルオーバークラスタリングを既存の環境に追加するメリットをどう考えるかで悩んでいる人は少なくない。(2008/10/22)

NEWS
シマンテック、Windows Server 2008環境をサポートしたBackup Exec最新版
仮想環境技術を活用してVMware Infrastructure、Windows Server 2008 Hyper-V、従来の物理システムのデータを包括的に保護する「Backup Exec 12.5」を発売。リカバリツールは日本市場向けにエントリー版を投入した。(2008/10/7)

サーバトラブル解決に
Windows Server 2008の新ツールでサーバ履歴を分析
Windows Server 2008のユーティリティ「Reliability and Performance Monitor」は、サーバの履歴をチェックし、問題を引き起こしたイベントを特定するのに役立つ。(2008/7/2)

システム復旧ソリューション「Symantec Backup Exec System Recovery 8」
Windows Server 2008を数分で簡単・確実にリカバリ
Backup Execファミリーのシステム復旧ソリューション「Symantec Backup Exec System Recovery」。いち早くWindows Server 2008に対応した上、より簡単に災害復旧対策が行える最新版が登場した。(2008/5/14)

NEWS
東芝、Windows Server 2008に対応したクアッドコアXeon搭載サーバを発売
IAサーバ「MAGNIA(マグニア)シリーズ」の新製品として、2Uサイズのラックマウントサーバ「MAGNIA3515R」の販売を開始。6月より「Windows Server 2008 Standard」をバンドルしたモデルの販売も予定している。(2008/4/15)

ITマネジャー注目の技術
Windows Server 2008と仮想化が今年の台風の目に
デスクトップ管理問題の解決や物理デバイスの削減を目的に、Microsoftのアプリケーションを使った仮想化の導入を考えるITマネジャーが増えている。(2008/1/28)

Server Core特集 Part3
Windows Server Coreの長所と短所──専門家の見方
IIS 7.0と仮想化に続き、.NET FrameworkもServer Coreロールとして追加されるようだ。Server Core特集の最終回では、サーバロールの魅力と問題点を紹介する(Server Core特集のPart1はこちら、Part2はこちら)。(2007/8/22)

Server Core特集 Part1
Windows Serverプロダクトマネジャーに聞くServer Coreのメリット
Windows Server 2008の最小インストールオプションであるServer Coreを3回にわたって解説する。今回はその1回目。(2007/8/3)

Loading