2018年07月24日 05時00分 公開
特集/連載

Windows Server 2016の目立たないが役に立つ機能トップ5PowerShellを学ぶ必要がなくなる?

多くの開発者にとって、Microsoft「Windows Server 2016」はいまだ新しいOSという位置付けだ。本稿では、Windows Server 2016の新機能と拡張機能の中で見過ごされている可能性がある機能を幾つか紹介する。

[Brian Kirsch,TechTarget]
画像 見過ごされがちな機能とは

 ある作業を実行する方法をいったん見つけると、それにこだわり、できるだけ長く使おうとするのが人間の性だ。管理者も例外ではない。

 IT管理者の多くは習慣の生き物だ。新しいバージョンの「Windows Server」に移行した後でも、仕事にはこれまでと同じツールやワークフローを使ってしまう。だが「Windows Server 2016」の新機能や追加機能には、仕事の効率を上げる機能が多数含まれている。管理者はこうした機能に目を向けてみてはどうだろう。

 本稿で紹介するWindows Server 2016の機能は、マーケティング資料で大々的に扱われてはいないかもしれない。だが、使い始めれば管理ツールの一つに加えてもよいと思えるものだ。

IPアドレス管理

 Microsoftは「Windows Server 2012」で「IPアドレス管理」(IPAM)を導入した。Windows Server 2016では、DNS(IPアドレスの名寄せをする仕組み)を追加してIPAMを強化している。

 IPAMは、IT管理者にとって最優先ではないかもしれないが、現代のセキュリティの懸念を考えれば、Windows Serverに不可欠な機能といえる。

ITmedia マーケティング新着記事

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...

news020.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年8月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。