2017年12月08日 09時00分 公開
特集/連載

なぜ「PowerShell」スキルがIT管理者の人生を左右するほど重要なのか?Microsoftのクラウド動向を追え

Microsoftが数年ごとにリリースした更新プログラムに関わる業務習慣に縛られてはならない。この業界に関わり続けるには、IT管理者は「Windows PowerShell」とクラウド製品を習熟する必要があるだろう。

[Adam Fowler,TechTarget]
「Evaluation Center」 Microsoftの「Evaluation Center」(画像は同社Webサイトより)《クリックで拡大》

 ここ数年、Microsoft製品に関わってきたIT管理者なら誰でも知っているように、Windowsシステム管理者にとって、プログラム変更の頻度は大幅に増加している。今、ここで本気になって取り組まないと、後れを取ることになる。

 何年間もシステム環境が変化しない時代は終わりを告げた。私たちは現在、クラウドと「as a Service(サービスとして)」の世界にいる。DevOpsとアジャイル開発手法の導入が普及する中、IT管理者は数年ごとの大規模なアップデートではなく、高い頻繁でより多くの小規模なアップデートを取得する。

 この新しい世界は、そのスケールメリット故に、通常はビジネスとして理にかなうが、だからこそIT管理者は業界の動きに乗り遅れないようスキルアップを図る必要がある。急速に変化する環境の中で、どうすれば生き残り、IT管理者としてのキャリアアップに備えることができるのか。

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...