2017年01月30日 15時00分 公開
特集/連載

CIOを解任されないためにやらなければならない宿題リスト 2017年版2018年を笑って迎えたいあなたのために

2017年に大きな位置を占めるのは、分析、セキュリティ、データプライバシー、ITの専門化だ。CIOが新たな激動の1年を乗り切るために必要な「学ぶべき」「やるべき」リストを紹介する。

[Niel Nickolaisen,TechTarget]

関連キーワード

CIO | 業務改善 | トレンド解説


2017年どれだけ宿題をこなしたかで、2018年もCIOでいられるか、はたまた飛ばされてしまうかが決まる

 過去に登場した当時は「人類史上最高」と思われた最先端のツールやテクノロジーも今では時代遅れになった。まともな考えを持つITプロフェッショナルなら使うこともないだろう。

 このことは、絶えず変化を続け、多数の不確定要素を抱えるITにおいては、長年繰り返されてきた課題だ。とりわけ現在は、変化のペースが速く、不確定さのレベルは途方もない。2016年における現在の技術革新のペースからすると、4年という期間は40年に匹敵するかもしれない。

 絶え間なく続く変化と多数の不確定要素によって、テクノロジーは月が変わればその価値を失うかもしれない。だが、そうした状況でも、2017年に期待できそうなテクノロジーを幾つか紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。