「Windows Server 2003」移行で注意したい“深い落とし穴”「Windows XP」サポート終了とはここが違う

米Microsoftのサーバ向けOS「Windows Server 2003」のサポート終了が近づき、新しいサーバへの移行準備を始める時期が来ている。どう始めればよいのか。考慮すべき点とその指針を解説する。

2014年12月02日 12時00分 公開
[Jonathan Hassell,TechTarget]

 米Microsoftのサーバ向けOS「Windows Server 2003」のサポートが2015年7月に終了する。残すところ約8カ月しかなく、その期限は刻々と迫っている。

 クライアントPC向けOS「Windows XP」のサポート終了は大きな話題を呼んだが、サーバ向けOSであるWindows Server 2003のサポート終了に対する注目度はそれには到底及ばない。その主な要因は、Windows Server 2003を搭載した大抵のサーバがきちんと安定稼働を続けているためだ。そのシステムは堅牢で、今では公開されるパッチもあまりない。また稼働するソフトウェアも一般的に使い込まれ、メンテナンスの労力もさほど掛からない。

 Windows Server 2003からの本格的な移行を始めるに当たっては、以下の考慮点と指針を踏まえて考え方をまとめて、プロジェクトの出発点を設定しよう。

Windows Server 2003から移行すべきサーバの優先順位

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...