2019年06月12日 10時00分 公開
PR

デル株式会社提供ホワイトペーパーWindows Server 2019標準機能で実現、クラウドへの自動バックアップ設定ガイド

オンプレミスのファイルサーバに蓄積されたデータが肥大化するほど、バックアップ業務の負荷も高まるもの。この改善策として注目したいのが、最新サーバOSに標準搭載されているクラウドへの自動バックアップ機能だ。

[ITmedia]

 Windows Serverを、オンプレミス環境下のファイルサーバ目的で利用している組織は多い。その一方で急速に進むデータの肥大化を受け、ディスク容量が圧迫されるなど、その運用負荷は増大し続けている。とりわけ深刻になっているのが、バックアップデータの取り扱いだ。

 このニーズに応え、最新のサーバOSであるWindows Server 2019では、オンプレミスのファイルサーバのデータを、クラウドストレージに自動でバックアップ・復元できる機能が提供されている。ただ、この機能を利用するための新しい管理ツールセット「Windows Admin Center」の構築・設定方法については、まだ不慣れな担当者も多いことだろう。

 本資料は、このWindows Admin Centerの構築・設定方法をまとめたガイドブックだ。タワー型サーバの定番商品を例に、分かりやすく操作画面を掲載しており、新Windows Admin Centerを活用したいユーザーには最適なガイドだ。