2008年04月15日 17時54分 UPDATE
ニュース

NEWS東芝、Windows Server 2008に対応したクアッドコアXeon搭載サーバを発売

IAサーバ「MAGNIA(マグニア)シリーズ」の新製品として、2Uサイズのラックマウントサーバ「MAGNIA3515R」の販売を開始。6月より「Windows Server 2008 Standard」をバンドルしたモデルの販売も予定している。

[TechTarget]

 東芝は4月15日、IAサーバ「MAGNIA(マグニア)シリーズ」の新製品として、2Uサイズのラック型サーバ「MAGNIA3515R」の販売を開始した。「クアッドコア Xeonプロセッサ X5460」または「デュアルコア Xeonプロセッサ X5260/E5205」を最大2個搭載可能で、従来機種に比べて整数演算性能を31%向上している。価格は93万7440円(税込み)から。

画像 MAGNIA3515R

 ディスク1台に障害が発生してもディスクサブシステムの冗長性を維持する「RAID6」に対応したディスクアレイコントローラーを採用。また、9月からは同社独自開発のSAS(Serial Attached SCSI)対応RAIDコントローラーをオプションで提供予定。HDDのホットプラグ、ホットスペア機能にも対応し、高い可用性を提供するとしている。オンラインスペア・ミラーリングメモリをはじめ、ホットプラグ対応の冗長電源や冗長ファンなど、システム主要部品の二重化に対応。OSから独立してハードウェアの状態を監視するBMC (Baseboard Management Controller)を標準装備している。

 また、マイクロソフトの最新サーバOSであるWindows Server 2008をサポートし、「Windows Server 2008 Standard」をバンドルしたモデルを6月から販売予定。

関連ホワイトペーパー

Windows Server 2008 | クアッドコア | IAサーバ | Xeon


ITmedia マーケティング新着記事

news097.jpg

商談内容を音声解析して営業効率化支援、博報堂DYホールディングスがシステム開発
博報堂DYホールディングスは、営業活動の状況を音声解析で把握するシステム「CONOOTO」...

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...