2019年03月27日 10時00分 公開
PR

Microsoft Azureで解決!Windows Server 2008を使い続ける方法

「Windows Server 2008」の延長サポートが2020年1月に終了する。「早めに移行しましょうとはいうけれど、本当に移行しなきゃだめなの? 忙しい中での移行は大変過ぎる……」と嘆くある企業の課長に、中村ちゃんが教える解決策とは。

[ITmedia]

課長、サポート終了の件、対応は進んでいますか?


それがいろいろ忙しくてまだなんだ。そもそも延長サポート終了って言うけれど、期限を多少過ぎてもなんとかなるのでしょ? Windows Serverのサポート窓口に問い合わせしたことなんてないし、気が進まないなぁ。焦って移行しなくてもいいんじゃない? というか、Windows Server 2008をまだ使い続けたいんだけど。


何を言っているんですか……。サーバの延長サポート終了は、問い合わせ窓口の受け付け終了という意味ではありません。Windows Server 2008の延長サポートが終了すると、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなります。セキュリティに問題が見つかっても対策してもらえません。つまり、家の鍵をあけたまま放っておくのと同じことですよ。攻撃者は攻撃し放題ですが、それでよいということですか?


そ、それはダメだよ。でも、「サポート終了するから、はい移行しましょう」って、そんな簡単に言われても何から着手すればいいか分からなくて……。Windows Server 2008がこの先も使い続けられる方法があるか、Azure相談センターに聞いてみますか


 そこに現れたのは、SB C&SでMicrosoft Azure(以下、Azure)を担当する野田泰宏氏だ。

Windows Server 2008をまだ使い続けたい、という声はよく伺います。そんなときは、中村ちゃん、Azureだよね。それから、移行についてもそんなに難しく考えなくて大丈夫ですよ。Windows Server 2008のAzure移行を「引っ越し」に例えると分かりやすくなります。


 サポート終了後もWindows Server 2008を使い続ける方法、そして難しく考えがちなサーバ移行をスムーズに進める方法について、SB C&S Azure相談センターの中村ちゃんとSB C&Sの野田氏が解説する。

■登場人物紹介

課長

従業員1000人以上の企業の情報システム部門課長。文系出身で会社の情シス兼ITサポートデスクを5人チームで運用。本音の課題を次々と話す。

今回の悩み:会社のレガシーアプリをWindows Serverで運用。レガシーアプリはWindows Server 2008以降のサーバには対応していないが、どうすればいいか分からない。

中村ちゃん

SB C&S Azure相談センターキャラクター Microsoft Azure伝道師。

SB C&S 野田泰宏氏

ICT事業本部MD本部ビジネスソフトウェア統括部第2BSWマーケティング部ビジネス企画課 課長。Microsoft Azureを中心とするサービスのマーケティング、パートナー施策などを担当し、Azure導入時に発生するさまざまな悩みを解決する相談窓口である「Azure相談センター」を運営。企業ごとに最適なAzure活用法・移行法などを提案。


提供:SB C&S株式会社

提供:SB C&S株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部