Windows Server 2016のHCI向け新機能、「記憶域スペースダイレクト」はどう使う?管理の一元化が大きなメリット

「Windows Server 2016」には新機能が搭載されている。IT部門はその機能を利用して、ソフトウェア定義のハイパーコンバージドインフラ(HCI)を設定できる。

2018年07月26日 05時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]
画像 Windows ServerでHCIを実現

 Microsoftは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)を構築するIT管理者向けに、HCI環境を管理するオプションをWindows Serverに幾つか用意している。

 例えば、IT管理者は「PowerShell」を使用してHCIコンポーネントの導入と保守ができる。Windows組み込み管理基盤「Windows PowerShell Desired State Configuration」などがある。他には、管理ツールスイート「System Center」の一部である「System Center Virtual Machine Manager」や、オンプレミスに導入できるブラウザベースの管理ツール「Project Honolulu」(現「Windows Admin Center」)などがある。

 Windows Serverを導入して統合インフラ環境を実装するIT部門は、保護されたファブリックと仮想マシン(VM)を導入してワークロードを盗難、不正接続、改ざんなどのリスクから保護できる。こうした機能は「ホストガーディアンサービス」(HGS)を利用する。

Windows Serverの「記憶域スペースダイレクト」とは

ITmedia マーケティング新着記事

news078.jpg

マーケティングツール活用にまつわる3つの課題とは? ――インキュデータ調査
マーケティングツールを利用する企業は多いものの、利用企業はツールをうまく使いこなせ...

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...