2018年07月26日 05時00分 公開
特集/連載

Windows Server 2016のHCI向け新機能、「記憶域スペースダイレクト」はどう使う?管理の一元化が大きなメリット

「Windows Server 2016」には新機能が搭載されている。IT部門はその機能を利用して、ソフトウェア定義のハイパーコンバージドインフラ(HCI)を設定できる。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像 Windows ServerでHCIを実現

 Microsoftは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)を構築するIT管理者向けに、HCI環境を管理するオプションをWindows Serverに幾つか用意している。

 例えば、IT管理者は「PowerShell」を使用してHCIコンポーネントの導入と保守ができる。Windows組み込み管理基盤「Windows PowerShell Desired State Configuration」などがある。他には、管理ツールスイート「System Center」の一部である「System Center Virtual Machine Manager」や、オンプレミスに導入できるブラウザベースの管理ツール「Project Honolulu」(現「Windows Admin Center」)などがある。

 Windows Serverを導入して統合インフラ環境を実装するIT部門は、保護されたファブリックと仮想マシン(VM)を導入してワークロードを盗難、不正接続、改ざんなどのリスクから保護できる。こうした機能は「ホストガーディアンサービス」(HGS)を利用する。

Windows Serverの「記憶域スペースダイレクト」とは

ITmedia マーケティング新着記事

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...

news020.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年8月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。