2017年04月13日 12時00分 公開
特集/連載

「Windows Serverコンテナ」普及の壁はバックアップ? 主要ベンダーの反応は対応は進んでいるが……

Windows Serverコンテナストレージのデータ保護に利用できるツールはいろいろあるが、よく探さないと見つからないかもしれない。どんな選択肢があるのだろうか。

[Brien Posey,TechTarget]

関連キーワード

Windows Server | Docker | バックアップ


 Linuxの世界では、コンテナは長年にわたって一般的に使われてきた。その間、コンテナのバックアップ方法はほとんど変わっていない。

 Dockerコンテナを保護する必要があるLinux管理者は通常、スクリプトを利用する。このスクリプトは、あらかじめ指定した時刻に実行されるようにスケジューリングでき、一般にコンテナデータをtarball(圧縮されたtar形式のファイル)にする。tarballはファイルの一種であるため、他の全てのファイルと同じようにバックアップできる。

 コンテナに関して起こっている大きな変化の1つは、「Windows Server 2016」のリリースにより、DockerコンテナがWindows Serverコンテナでネイティブにサポートされるようになったことだ。

 Windows Server 2016は、ほとんどのDockerコマンドをサポートしている。そのため、Linux環境で使われるDockerコンテナに対して有効に機能するスクリプトと同様のものを使って、Dockerコンテナをバックアップできそうだ。それでも、Windows管理者は、カスタムスクリプトを作成するよりも、GUIベースのバックアップアプリケーションを利用することに慣れている。

 しかし現在、Windows Serverコンテナを保護するように設計されたバックアップソフトウェアを見つけるのは、驚くほど難しい。Google検索で「バックアップ」「Windows Server」「コンテナ」「Docker」というキーワードの組み合わせで検索しても、関連性のある検索結果はほとんど得られない。これは実のところ、Windowsを利用している企業の中で、Windows Serverコンテナを使っているところが比較的少ない一因かもしれない。

 Windows Serverコンテナに対応できるバックアップ製品は確かに存在するが、ベンダーは大抵、この機能の宣伝に力を入れていない。例えばVeeam Software(以下、Veeam)は、「Veeam Availability Suite 9.5 for Windows Server 2016 and Hyper-Vが選ばれる10の理由」というリストを公表した。だが、コンテナサポートはこのリストに挙げられていない。ただし、Veeamはリストの最終段落で、この製品がコンテナをサポートしていることに短く触れている。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...