2016年11月07日 15時00分 UPDATE
特集/連載

開発コンテナと運用プラットフォームを選ぶ「Docker」の次に注目したいコンテナツール5選 (1/2)

Dockerはコンテナの世界をリードしてきた。だが、今では他にも多数の選択肢がある。Dockerに代わる5つの頼りになるツールを、専門家が実践的なアドバイスと併せて紹介する。

[Mark Betz,TechTarget]
Open Container InitiativeのWebサイト《クリックで拡大》

 事実上SQLは1970年代前半にIBMが発明したものだといえる。だが、Relational Software(現Oracle)が1979年にRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)をリリースしてビジネスで使用されるようになるには、ボブ・マイナー氏、エド・オーツ氏、ラリー・エリソン氏という3人の男性がSQLに関わる必要があった。RDB(リレーショナルデータベース)は大きな進歩だった。少なくとも結果論では、大規模で競争力のある市場がRDBを中心に発展することは明らかだった。

 それから38年後の2016年、IBMがGoogleなどの企業と共に、基本的なコンピュータの発展に携わっているのは、なんたる因縁だろうか。その進歩とは「Linux LXC」(Linux Containers)のコンテナ化だ。今回もdotCloudの起業家精神に溢れるソロモン・ハイクス氏によって、これらのアイデアとツールは商業的に実用性のあるプラットフォームへと姿を変えることになった。この取り組みによって生まれたのが「Docker」だ。現在DockerはLXC上で運用されていない。だがLXCに起源があり、LXCを継承していることに変わりはない。

 開発コンテナとその運用プラットフォームの世界では、Dockerが中心的な役割を果たしているが、支配的な役割は果たしていない。現在Dockerが所有している主要なパーツとそれを取り囲むツールのエコシステムで、今後は競争が繰り広げられるだろう。以下にDocker以外のコンテナで注目に値するものを5つ紹介する。

1.Open Container Initiative(OCI)

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news038.jpg

PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290...

news117.jpg

Criteoがモバイルアプリ広告事業を強化、新規獲得と既存顧客活性化のためにできること
インストール、リエンゲージメント、ダイナミックリターゲティングで、Criteoが企業のモ...

news032.jpg

日本の消費者はサブスクリプションにどれだけ前向きか――Zuora調べ
Zuoraが実施した世界のサブスクリプションビジネスの実態調査です。