2015年03月09日 08時00分 公開
特集/連載

押さえておきたいDockerの社内利用、メリット/デメリットを解説インフラ管理者のためのDocker解説【第3回】

Dockerは社内システムにも有用だ。Dockerを使ったインフラ整備におけるメリット/デメリット、用途の向き/不向きについて紹介する。

[中津川 篤司,MOONGIFT]

関連キーワード

Docker


 ここ1、2年注目が集まっている「Docker」だが、まだまだチャレンジングなプロダクトという位置付けに感じている方も多いだろう。しかしホストOS型(「VMware Fusion」や「VirtualBox」など)の仮想化技術はクラウドサービスや企業の業務システムで当たり前のように使われるようになっており、今後はコンテナ型も利用範囲が広がっていくことが予想される。

 今回はDockerを使ったインフラ整備におけるメリット/デメリットに加えて、その利用方法を紹介していきたい。

Dockerで得られるメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

成果報酬型テレビCM出稿サービス「XICA ADVA」 サイカが提供開始
従来のテレビCMは、出稿量の約束はできてもテレビCMによってどれだけ商品やサービスが売...

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...

news162.jpg

「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理...