2014年09月09日 12時00分 公開
特集/連載

Windows Server 2012 R2の「プログラムが使うCPUを限定する機能」はこう使うべし「CPUアフィニティ」の使いどころをチェック

米Microsoftの「Windows Server 2012 R2」には、プロセスやスレッドを実行するCPUを指定する機能がある。ただし、この機能の利用を決める前には、幾つかの検討すべき問題がある。

[Stephen J. Bigelow]

 米Microsoftの「Windows Server 2012 R2」のパフォーマンスを高めるために、プロセスやスレッドがどのCPUを利用するかの関係付け(アフィニティ)をする「CPUアフィニティ」を適用する必要があるのだろうか。

 Windows Server 2012 R2では基本的に、ワークロード(処理負荷)を特定のCPUに限定するために、CPUアフィニティを適用する必要はない。もしCPUアフィニティを適用する場合は、検討すべき問題が幾つかある。1つ目は、最新サーバの大半が採用するメモリアーキテクチャである「NUMA(Non-Uniform Memory Access)」と競合する可能性があることだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news163.jpg

Tableau調査と三井住友海上の事例に学ぶ コロナ禍でも強いデータドリブン組織をどう作るか
データを大切にし、従業員がデータにアクセスしてデータに基づいた経営判断ができる組織...

news092.jpg

営業デジタル化の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...