2013年08月16日 08時00分 公開
特集/連載

Windows Server 2012 R2で必ず押さえたいSSD活用の新機能強化されたストレージ機能を紹介

クラウドや仮想化を意識して多数の機能強化が図られたWindows Server 2012 R2。本稿では、ストレージ機能にフォーカスし、その機能強化ポイントを紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]

 米Microsoftは2013年6月初めに開催した「TechEd North America 2013」で、WindowsサーバOSの次期バージョンとなるWindows Server 2012 R2を発表し、6月下旬からそのプレビュー版をダウンロード配布している。

 皆さんもご存じだろうが、現行のWindows Server 2012は新機能が満載で、その大部分はストレージと仮想化に関連している。Windows Server 2012 R2でもこの傾向が続き、ストレージサブシステムとサーバ仮想化の強化に重点が置かれている。

ネイティブなストレージ階層化機能

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...