2012年01月27日 09時00分 UPDATE
特集/連載

すぐにはできないWindows Server 8移行まだまだ使えるWindows Server 2008 R2再チューニング

Windows Server 8がリリースされてもすぐには移行せず、既存のWindows Server 2008 R2を延命したい人も多いだろう。再チューニングを施せば、まだまだ十分に使い続けることができる。

[Frank Ohlhorst,TechTarget]

 米MicrosoftはサーバOS市場で攻勢をかける準備を整えている。

 同社は「Windows Server 8」の開発を進めている(関連記事:Microsoft、コードネーム「Windows Server 8」の詳細を発表)。同製品がリリースされれば、多くの早期採用企業が一斉に飛びつくものと予想される。

 唯一の問題は、Windows Server 8への移行には相当な費用が掛かり、訓練も必要になるということだ。このためITマネジャーの中には、Windows Server 8に移行するのは、既存のWindows Server 2008 R2からもっと多くの価値を引き出してからにしようと思う人もいるだろう。しかしそれには少しばかりの工夫とテクニックが必要だ。それらを以下に示す。

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...

news026.jpg

債権回収にマーケティングオートメーション活用、イオングループ傘下のサービサーの取り組み
債権回収の場においても、チャネル横断やコミュニケーション最適化の視点はやはり重要だ...