2019年01月16日 10時00分 公開
PR

クラウド移行とバックアップの意外な関係Windows Serverサポート終了の前に知りたい、クラウド移行の壁と解決策

ITシステムを取り巻く転換期に、クラウド移行の壁に挑む企業は多い。物理マシンをどう最適に移行するのか、ダウンタイムをいかに最小限に抑えるのか、移行後の安定的な運用には何が必要か――まとめて解決する方法を紹介する。

[TechTargetジャパン]

 Windows Server 2008/2008 R2の延長サポートが2020年に満了する。2023年には、Windows Server 2012/2012 R2の延長サポート終了が迫る。ほとんどの企業は、システム移行計画を検討しているのではないか。

 クラウドは移行先の有力な選択肢の一つだ。オンプレミスの仮想化基盤を維持しつつ、パブリッククラウドの活用範囲を拡大してハイブリッドクラウド環境を構築し、統合的に運用するという未来を描く企業は多い。

 しかし古い物理マシンを長年運用してきた組織は、移行の工数が煩雑になるという課題に直面する。既存の仮想化環境をパブリッククラウドに移行するにも、データ移行時のサービス停止が大きな懸念事項だ。新しいクラウド環境で安定的な運用を実現できるという保証もない。

 実は意外なツールが解決策になる。本稿は移行先として特に人気の高いAmazon Web Servicesを中心に、クラウドへのシステム移行における注意点や、安全かつ容易に移行を実施する手法について解説する。

提供:arcserve Japan合同会社

提供:arcserve Japan合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部