2018年10月19日 05時00分 公開
特集/連載

本当に「Windowsの時代は終わり」なのか企業で使うなら「Windows Server」と「Linux」のどっち? 費用とサポート面で比較

企業が実働環境に使うには「Windows」と「Linux」のどちらが適しているのか。検討すべきなのは初期費用だけではない。

[Brian Kirsch,TechTarget]

 「Windowsの時代は終わり、Linuxがその地位を奪う」と言われて久しい。しかし、データセンターでは「Windows Server」が依然として健在だ。

 この予言は外れたのか。単にMicrosoft製品の方が優れているということなのか。両OSの費用とライセンスと管理性を比べれば、Windows Serverを選ぶ理由が分かるだろう。

 一見、Linuxは費用がかからず、Windowsの代わりとして良さそうに思える。だが、よく検討してみると、費用に差があることの本当の意味が見えてくる。

WindowsとLinuxの費用の実情

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...