企業で使うなら「Windows Server」と「Linux」のどっち? 費用とサポート面で比較本当に「Windowsの時代は終わり」なのか

企業が実働環境に使うには「Windows」と「Linux」のどちらが適しているのか。検討すべきなのは初期費用だけではない。

2018年10月19日 05時00分 公開
[Brian KirschTechTarget]

 「Windowsの時代は終わり、Linuxがその地位を奪う」と言われて久しい。しかし、データセンターでは「Windows Server」が依然として健在だ。

 この予言は外れたのか。単にMicrosoft製品の方が優れているということなのか。両OSの費用とライセンスと管理性を比べれば、Windows Serverを選ぶ理由が分かるだろう。

 一見、Linuxは費用がかからず、Windowsの代わりとして良さそうに思える。だが、よく検討してみると、費用に差があることの本当の意味が見えてくる。

WindowsとLinuxの費用の実情

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。