2018年10月19日 05時00分 公開
特集/連載

本当に「Windowsの時代は終わり」なのか企業で使うなら「Windows Server」と「Linux」のどっち? 費用とサポート面で比較

企業が実働環境に使うには「Windows」と「Linux」のどちらが適しているのか。検討すべきなのは初期費用だけではない。

[Brian Kirsch,TechTarget]

 「Windowsの時代は終わり、Linuxがその地位を奪う」と言われて久しい。しかし、データセンターでは「Windows Server」が依然として健在だ。

 この予言は外れたのか。単にMicrosoft製品の方が優れているということなのか。両OSの費用とライセンスと管理性を比べれば、Windows Serverを選ぶ理由が分かるだろう。

 一見、Linuxは費用がかからず、Windowsの代わりとして良さそうに思える。だが、よく検討してみると、費用に差があることの本当の意味が見えてくる。

WindowsとLinuxの費用の実情

ITmedia マーケティング新着記事

news107.jpg

卓球「Tリーグ」と「TikTok」のコラボレーションがお互いにもたらすメリットとは
認知拡大を課題とする卓球新リーグとファン層拡大を狙う大人気の動画SNS。パートナーシッ...

news020.jpg

CEO承継の課題、日本と世界の違いは?――PwC Strategy&調査
Strategy&は、世界の上場企業を対象に実施した、2018年におけるCEOの承継についての調査...

news028.jpg

みずほ銀行が「不正送金防止」メルマガ施策で申し込み率13倍に 社会課題解決型コンテンツの底力
社会課題解決を訴求するメルマガで、通常の13倍ものコンバージョンを獲得したみずほ銀行...