2018年10月19日 05時00分 公開
特集/連載

企業で使うなら「Windows Server」と「Linux」のどっち? 費用とサポート面で比較本当に「Windowsの時代は終わり」なのか

企業が実働環境に使うには「Windows」と「Linux」のどちらが適しているのか。検討すべきなのは初期費用だけではない。

[Brian Kirsch,TechTarget]

 「Windowsの時代は終わり、Linuxがその地位を奪う」と言われて久しい。しかし、データセンターでは「Windows Server」が依然として健在だ。

 この予言は外れたのか。単にMicrosoft製品の方が優れているということなのか。両OSの費用とライセンスと管理性を比べれば、Windows Serverを選ぶ理由が分かるだろう。

 一見、Linuxは費用がかからず、Windowsの代わりとして良さそうに思える。だが、よく検討してみると、費用に差があることの本当の意味が見えてくる。

WindowsとLinuxの費用の実情

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。