2015年06月05日 08時00分 公開
特集/連載

Windows ServerをPCで利用? DaaS対応で“斜め上”な手法が必要となる理由複雑なWindowsライセンスの問題を回避

DaaS環境でWindows Serverのデスクトップを使用すれば、複雑なWindowsライセンスの問題を回避することができる。だが、その代償としてアプリケーションの互換性に関する問題が浮上する。

[Alastair Cooke,TechTarget]
VDIとDaaS責任分担の違い(参照:徹底比較:DaaSとVDIの運用管理はどちらが楽か)《クリックで拡大》

 DaaS環境における米Microsoftのライセンス制限を回避する1つの方法は、DaaSプロバイダーにWindowsのライセンスを持ち込むことだ。だがこの場合、プロバイダー側に課題が発生する。プロバイダーがユーザー企業専用の物理サーバを用意している場合にのみ、持ち込みライセンスを使用することができるのだ。

 Microsoftと既にライセンス契約を交わしている場合、このアプローチは魅力的な選択肢だ。教育機関や非営利企業などを対象とした好意的な契約では、特にそうだろう。だが、このアプローチを使用すると、DaaSプロバイダーは、そのサーバで他の顧客の仮想マシン(VM)を実行できなくなる。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...