2014年12月10日 15時00分 公開
特集/連載

「Windows Server 2012 R2」へのサーバ移行、最低限の準備はこれだトラブルが起きてからでは後の祭り

OSをアップグレードする際のトラブルを避けるには、作業を開始する前に十分な準備をしておかねばならない。「Windows Server 2012 R2」に移行するに当たって準備すべきことをまとめた。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]

 OSのアップグレードには混乱が付きものだ。その混乱を最小限にとどめ、問題が発生してもスムーズに元の状態に復元できるよう、必要な準備を怠ってはならない。

 準備の第一歩は、作業の概要を把握することだ。アップグレードを何度も経験したことがあっても、検証用のシステムでアップグレードと復元のテストを実施することが望ましい。その際、ホストシステムだけでなく、仮想マシン(VM)のアップグレード(新しいOSに対応したプロビジョニングの変更を含む)も行う必要がある。こうしたテストを実施することは、本番システムのアップグレードに先立って、ITスタッフが作業手順を再確認するとともに、問題発生時の対処法を見つけるのに役立つ。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...