2007年08月22日 05時00分 UPDATE
特集/連載

Server Core特集 Part3Windows Server Coreの長所と短所──専門家の見方

IIS 7.0と仮想化に続き、.NET FrameworkもServer Coreロールとして追加されるようだ。Server Core特集の最終回では、サーバロールの魅力と問題点を紹介する(Server Core特集のPart1はこちら、Part2はこちら)。

[Christina Torode,TechTarget]

 Windows Server 2008の最小インストールオプションである「Server Core」は「セットアップしてすぐに使える」という触れ込みだが、専門家らは、Microsoftが言うほどその管理は容易なのかという疑問を抱いているようだ。

 Server Coreインストールオプションは基本的に、Windows Server 2008のOS機能のうち、特定のサーバロールを実行するのに必要でないものをすべてそぎ落としたバージョンだが、Server Coreのロール(機能)は次々と追加されている。

 Microsoftは2007年5月、DNS、DHCP、Active Directory、Active Directory Lightweight Edition、Windows Media Servicesに追加する形で、IIS 7.0と仮想化をServer Coreロールとして追加した。

 MicrosoftでWindows Serverチームのプロダクトマネジャーを務めるウォード・ラルストン氏によると、同社では現在、.NET FrameworkをServer Coreロールとして追加する作業を進めているようだ。これにより、ITマネジャーは、WebサーバであるIIS 7.0のフル機能を活用するとともに、PowerShellをスクリプティング言語として利用できるようになるという。

改良か複雑化か?

 サーバロールの追加に対して、Windows Server 2008をテストしている人々の間では、「Microsoftがやっているのは改良なのだろうか、それともサーバロールの最小インストールオプションであるべきServer Coreを複雑化しようとしているだけなのか」といった疑問の声も上がっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...

news026.jpg

債権回収にマーケティングオートメーション活用、イオングループ傘下のサービサーの取り組み
債権回収の場においても、チャネル横断やコミュニケーション最適化の視点はやはり重要だ...