2006年06月26日 11時17分 UPDATE
PR

IT投資抑制への一手【第2回】サーバ監視の効率化によるIT投資抑制

今回は実際のシステム運用に即した形で、一般に見逃しがちな監視ポイントと、そこに対する「MOM2005」の使用方法を紹介する。前回は小難しい話が中心だったので、今回は気楽に読んでいただき、効率のよいシステム運用の参考にしていただきたい。

[TechTarget]
photo

デル株式会社

デル・プロフェッショナル・サービス事業部 コンサルティング第2部

竹村 宗一郎氏

【専門分野:Windows Server Systemの設計・構築】

Windowsを中心に、Active DirectoryやExchange Serverなど、マイクロソフト製品導入に際しての提案、コンサルティングから設計、プロジェクトマネジメントまでを担当。最近では「MOM2005」の提案・導入とMOMとデルソリューションの連携に注力している。


 一般的に「MOM2005」というと、マイクロソフト社の製品なので囲い込みというイメージがあるかもしれない。事実、提供されている管理パックはマイクロソフト製がほとんどという場合が多い。今回の記事ではWindowsがメインだが、UNIXもある。OSやソフトウェア以外にハードウェア(スイッチやストレージを含む)の監視はどうすればよいのか? MOMでどこまでできるのか? という疑問に応えるべく、もしくはヒントになるような内容を盛り込んだ。この記事を読んで、自社システムに「MOM2005」を導入した場合を少しでも具現化していただければ幸いである。

TechTarget会員限定記事の続き>>がご覧になれます。
次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、
時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)


■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなせていただきます。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「デル株式会社」に収集される。
  • 「デル株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る。

お客様の個人情報は「デル株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。