2018年11月29日 05時00分 公開
特集/連載

Windows Server 2019の注目機能Windows Admin Centerはハイブリッドクラウド構築を加速させる新機能やGUIを完備

Microsoftの「Windows Admin Center」があれば、トラブルシューティングに役立つだけでなく、最新のWindows Serverのメリットを最大限に引き出せるだろう。

[Tom Walat,TechTarget]
画像 Windows Server 2019はAzureとの連携が強化された

 Microsoftは2018年10月に「Windows Server 2019」の提供を開始した。仮想ワークロード間のトラフィックの暗号化など、ネットワークとストレージ向けの機能を見直している。さらにストレージの構築機能「記憶域スペースダイレクト」(Storage Space Direct)で確保できる容量を、従来の1TBから4TBに拡大する。一方、「Windows Admin Center」はサーバ管理ツールで、Windows Server 2019を運用するオンプレミスサーバの対応範囲をAzureに広げる機能が注目を集めている。

 コンサルティング会社TriCon Elite Consultingで主席コンサルタントを務めるデイブ・カウラ氏は次のように話す。「Windows Admin CenterはMicrosoftにとって完璧な船出となった。信じられないほど多くの人々が興味を示している」

Windows Admin Centerとは

ITmedia マーケティング新着記事

news054.jpg

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...

news138.jpg

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。

news061.jpg

売れる仕組みは「AI」で作る(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...